サビアンシンボルについて


サビアンシンボルは、
1925年に生まれた西洋占星術の技法です。

360度の丸いホロスコープの、
12サイン(星座)を30度づつに細分化し、
チャネリングにより360個の印象的な詩をつけたものです。

チャネリング?あやしーーー
と思われることが多いと思いますが、

宮中で天皇陛下が詠まれる和歌、
あれもチャネリングといっても間違いではないと思います。
神の言葉は大和言葉の和歌で降ろされる伝統があったと聞いています。


また、
通常の星占い【太陽星座占い】は12タイプですが、
サビアンシンボルは360タイプあることになり、
365には少し足りませんが、
ざっくりと単純化すると、
星占いの”誕生日占い”のようなものといえます。

たとえば、
どのサインも最初と最後の特に3度前後は、個性が強くなる。
最初の3度は、前のサインの影響を振り切るために、
スタートの勢いのダッシュがかかる。

おひつじ座ならうお座の眠りに引き戻されないように、
自分を強く押し出す必要があり、
次のサインのおうし座は、
おひつじ座の飛翔するたましいの火花、
形を持たない精神性から離れて、
おうし座の地の器=肉体と五感へとコミットし、
大地との繋がりをより強くする。

サインの終わりの方では、
次のサインを視野に入れ、
重要なものとそおうでないものを取捨選択し
洗練させていまを完了させることと、
次のサインへのあらたなサイクルを迎える準備をする。

次のサインと今のサインと比較して、
評価検討し、最後の30度では「今」を出し切って絞り出す。
棚卸しセールのような動きが出てきます。


すべてはフラクタルな入れ子構造でできてる。

丸いホロスコープの360度のなかに12サイン(12ハウス)があります。
12サインのそれぞれのひとつのなかにも30度の区分があり、
おうし座のはじめと終わりでは違いがある。
さらには、一つのサインの中の
1度1度も実際はもっと細かくわけられるとも言われます。






ご自分の出生図のサビアンシンボルを知りたいかたは、
こちらのサイトが便利です。
  ↓  ↓  ↓
nut's wheel サクッとホロスコープ★お手軽ホロスコープ★
http://nut.sakura.ne.jp/wheel/sabian.html

(いつもお世話にってます。ありがとうございます!)

日時を設定し設定をクリックすると、こんなふうに出てきます。
d0321384_15275778.png


もっと詳しく知りたい方はこちらのめにゅう。

出生のサビアンシンボルを見やすく一覧にして、
コンパクトな解説とプチ鑑定をセットにしてご提供しています。

◆出生のサビアンシート(解説鑑定付)のみは、おひとり5000円
サビアンシートの見本(簡易版ですが)はこちらの記事の後半に
お申し込みお問合わせはこちらから→★☆★


さらにもっと突っ込んで知りたい!という方は、
こちらの分厚い本をおぬぬするにょ。旧版しかもっていないのですが。

愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)
とうとう復刻されましたね。
大変なボリュームの本、というか辞典ですね。詳しいです。
とても分厚くて重いです。

[PR]
by umiyami | 2017-05-13 14:34