カテゴリ:サビアン講座( 1 )

みずがめ座4度のインドのヒーラーは、 ヨガナンダ先生です!

サビアンうんちく学みずがめ座編です。

時期外れにみずがめ座の話をします。
みずがめ座4度の「インドのヒーラー」は、
ヨガナンダ先生のことだ!という話しです。

インドの聖者の仰天エピソード(爆)だけででなく、
意外に「聖書」の理解が深まる
パラマハンサ・ヨガナンダ先生の「あるヨギの自叙伝」
Autobiography of a Yogi (Japanese)


パラマハンサ・ヨガナンダ(1893-1952)
1920年単身渡米、クリヤヨガの指導や講演活動を行い、
1925年LAにヨガ指導のセンターを設立。
32年間で、約10万人にクリヤヨガを伝授した。


机の前に顔が見えるようにいつも本を置いていて、
折にふれては開いて読んだりしていたのに、
サビアン誕生の年代と、ヨガナンダ先生の渡米から、
アメリカでの活躍、ヨガセンター設立などとの年代の一致に、
一昨日の夜はじめて気が付きました、爆。

インドの偉い人と言うと、
ヨガナンダ先生以前にもいらっしゃいます。
ヴィヴィエカナンダ(1863-1902)
マハトマ・ガンジー(1869-1948)



ヴィヴィエカナンダ
さんは、日本では有名ではないかもしれません。
わたしは「あるヨギの自叙伝」で知りました。
それは、ヨガナンダさんと、
アメリカ人のお弟子さんとの縁にまつわるお話しで、
本当に不思議で感動的な物語でした。

で、この本で読んで、キーパーソンとなる
ヴィヴィエカナンダという名前をググってみたら、

はーー???このひと見たことある!

もしかして、前世のご縁か?!

・・・んな、わけはなくて、爆。

いつだったか、オークションでまとめて買ったインドっぽい薄い本。
その中の一冊の表紙がヴィヴィエカナンダさんだったと気付きました。
(まだ全然読んでませんが)
1回見たら忘れないような顔です。



船旅で一ヶ月、
単身渡米って、今の時代でも、ひえぇぇ・・・ってなりますが、
95年前のことですから携帯もスマホもないですしメールもない。

信念を胸に、単身異国に渡り、
自立した独自の活動を展開していくという、
みずがめ座の本質を体現したような生き方です。

あるヨギの自叙伝を読んでいると、
神童と呼ばれるような要素はあったでしょうが、
決して聖人君子ではないヨガナンダがすごく魅力的です。
信仰熱心のあまり友達と学校をサボったり、
いたずら好きで、
妹にちょっといじわるしてみたり、
ただ普通とちがうのは、
それはどこから湧いてくるの?っていうような、
ゆるぎない信仰の力です。
祈りたおして神が根負けして願いを叶えてくれるまで祈る・・
そんな激しい祈りの場面が何度か出てきます。
わーすごいな・・・
わたしはこれまでどんな祈り方をしていただろう?
どんな願いを願っていただろうかと、
昔の信仰生活を振り返ったりしました。

わたしは現在は特定の信仰はもっていません。
聖書のことを書いたりすると、
クリスチャンの方にフォローされたりますが、
とくに信仰的な啓蒙目的で書いてるわけではないです。





インドのヒーラーってどんなかしらって思ってしらべていたら、
華僑、ユダヤ、印僑と3大商業民族として、
世界的に知られていることなど、
こんな記事を見つけました。


英国長者番付、英国勢が上位消滅の危機


◆英長者番付(資産額)
1 ヒンドゥージャ兄弟 119億ポンド
2 アリシャ・ウスマノフ 106億ポンド
3 ラクシュミ・ミッタル一族 102億ポンド
4 レン・ブラバトニク  100億ポンド
5 エルネスト・ベルタレリ 97億ポンド
6 ジョン・フレドリクセン一族 92億ポンド
7 デビッド&サーモン・ルーベン 90億ドル
8 ルーベン・ラウジング 88億ポンド
9 ローマン・アブラモビッチ 85億ポンド
10 ウエストミンスター伯爵 85億ポンド
※敬称略

タックスヘイブン化でイギリスに富裕層が移住しているということらしひ・・。

夢はでっかく夢は金利生活者!by,カパオ(*゜θ゜*)


河童のとなり町のイオンのカレー屋さんに、インドの人かな?
っていう男の人が働いています。
世界中にネットワークがあるんでしょうね~。



インドの人は独特のキャラクターで、
映画なんかみていてもムードメイカー的な役割でよく出てきます。
その反面、
イスラムとヒンドゥの宗教的な価値観がすごく色濃くあって、
インドでも名誉殺人やレイプなどもよくニュースになっています。




インドの大富豪だそうです。
・・・・・・・・アヤシイかもwwww

[PR]
by umiyami | 2015-09-28 04:43 | サビアン講座