<   2015年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

占星術は精神世界の入り口であり羅針盤である

思ったんですが、
やりたいことがわからないというひとが結構いらっしゃるんですが、
これってわりと、当たり前のことなのかもしれないな・・て思えてきました。


d0321384_1930227.png


おひつじ座11度
「国の支配者」
The president of the country.

集団をまとめ、采配をふるう者でいるためには、
自分自身が集団に入り込んでしまってはいけないんです。
一度人の中に入り込み共感を持ってしまうと、
自分の主張を押し出す力が鈍ります。
そうなると、今度は支配権を奪われてしまうことになる。
極論すると、
地上の原理は勝つか負けるか、結局そのどちらかなになるしかない。


そういえば、うちのおばば様はおひつじ座11度に惑星があります。
もう20年くらい、山のてっぺんの一軒家で一人で暮らしています。
独特の価値観で生きている感じです。




最近、立ち止まって考えこむことが多いです。
いや、考えるというよりぼーーーっとしてる方が多いかも、爆。
「占い」についての考え方が、今までより一層固まってきた気がします。
自分にできることと出来ないこと、やるべきことをきちんと持っておこうと思いました。


年に一度か二度、新しい計画をたて、相談に来られる方がいました。
お店を開くとか会社をつくるとか通販サイト、占い企画、いろいろあった気がします。
そのたびに、今度はうまく発進できるといいな、発展してほしいな、
と思っていろいろお話していたわけですが、
一度も発射すらされないミサイルで・・・。
この方はうお座の火星だったんですが、
水サインの火星は自分のためには動きにくいかもしれませんね。


なぜ、そうなるのか?
夢を語ったり、準備をする段階はまだラクだし、これはとっても楽しいんですよ。
それはまだイメージの世界で遊んでいる状態だからです。
でも、そこから現実に着地するのは、全く別の仕事になっていくんですよね。
反対に、最初からあまり現実を見過ぎると、夢を見ることができなくなる。




PINKペリカンさんに鑑定のご感想を書いていただきました。
ありがとうございます!
天豆(そらまめ)のメルティングポットー占いやらサブカルやら
http://ameblo.jp/yonemaru/

[PR]
by umiyami | 2015-03-31 19:49 | 今日のサビアンシンボル

抽象と具象の折り合い

しし座のサビはんカードです。
d0321384_1504519.jpg

アイデアいっぱい!
静かに熟成中・・・
もうじき生まれる、もうちょっとマッテテー(>_<)
みたいな感じですにゃあす。

おひつじ座10度
「古い象徴に対する新しいカタチを教える男」
A man teaching new forms for old symbols.

善悪や快不快、人間の物事に対する認識には、
普遍性なんて実はないのかもしれません。
それは時代により体制により、流行によって、簡単にすり替わる。
そして、人々はその切り替わりに無意識だ。

同じ絵を見ても、見た人の心象風景は天国だったり地獄だったり、
大きく違ってしまうことがあります。
とても不思議なことですが、
わりとよくあることです。
世界が意識の投影であるという証拠かも。

昨日、なにかのきっかで、
反原発派、
原発推進派、
どっちとも言えない派、の議論を見ていました。
反対派、推進派、どっちも自分の主張を「常識だろう!」と言います。
どっちとも言えない派はあんまり積極的には語らない感じかもしれません。


物事やひとを象徴的にとらえ理解する抽象度の高い知恵と、
現実的な日々の生活に役立つ知恵は違います。
抽象派は、現実派から、
お前の意見は理想主義すぎて実際には何の役にも立たないと言われたりします。
現実派の意見は一面の事実ですが、「現実」とは今見えている目先のことだけ、
それに限定するなら、そう、それは真実でしょう。
でも、これから先同じ現実がずっと続くとは限らない。

この、「現実」は、占星術でいうと「月」の感覚に密着している。
感覚に頼りすぎると、人間は大きな分岐で選択を間違うことがあります。
ですが、月をないがしろにしても、人間はしあわせにはなれない。
じゃあ、どうしたらいいんでしょう?


当時はまったく認められなかった人が、
100年200年後に偉大な人として評価されることがあります。
そういうことが後世に雪崩のように起きるかもしれませんし、
なにも起きないかもわかりません。
もう何も起こりようがない、というこもあるかもしれません。
[PR]
by umiyami | 2015-03-30 15:37 | 今日のサビアンシンボル

三次元ホロスコープを持つキリスト

今日の太陽は、
 おひつじ座9度
サビアンシンボルは
「水晶を凝視する人」A Crystal gazer.

祝福するキリスト 
ティツィアーノ・ヴェチェリオ
d0321384_1555571.jpg

Hermitage Museum
ルネサンスを代表する画家の一人ティツィアーノ。
水晶球を左手に、
祝福のために右手を上げるキリストを描いている。
色がクリスマスみたいですが、これはキリスト教を象徴する色なんですって、
青は信仰、赤は愛。なるほど~・・
ほのかに後光も射してらっしゃいます。
水晶球については、
世界を支配する力をあらわす、
全能を意味する、
世界を救済する象徴である、・・・と
、いろんなところに色々書かれていますが、
円とか球というのは魂をあらわしていて、
生命はそこから来てそこに還るんだと言ったりします。
そして、ティツィアーノのキリストの水晶球を見てください、
これはどう見たって宇宙の雛形、天球図でしょう!
d0321384_2463049.png

図は松村潔著、完全マスター西洋占星術からお借りしました。

完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master)
松村 潔
説話社
売り上げランキング: 8,916


水晶透視のコツをサビアン文で書きました~→
でも、水晶透視といえば、奥さん!
吉田結妃さんとかね、谷原由美さんとかね、すごいひとがいますからね~。




占星術を勉強しようと思うんですが、どの本買ったらいいですか?
って時々聞かれますが、わたしは手当たり次第に読みました。
なので、ホンネを言うと、どれでもいいから買っちゃえば?!
とりあえず、一冊いっとけば!って感じです。
だって好みがあるし・・わたしは、いろいろ読んだけど、
松村先生がやっぱりおもしろかったです。
で、いろいろ読んだから、おもしろいってことがわかったんですよ。
とにかくいろいろ読んだので、
返さなくちゃいけない本はノートに写経したりしました。
すごい勉強家ですね~って言われそうですけど、ちょっと違いますねw
10代にそれだけ学校の勉強してたら人生変わってるよね!っていう、話ですよ、爆。

で、完全マスター西洋占星術の前に、
わたしはアサレンを買った変態です(ΦωΦ)フフフ…
買ったのは2008年とかですよ確か、なにこれイミフ!
全然わかりませんけど!って感じでしたけど、
なんか、これどうしても読まなくちゃって思って。
で、この本がまだあるのかな?あるようです→
すっごいいい作りなんです、物として造りがしっかりしてる。
月おうしっ子垂涎のブツですwいや、中身もすごいんですけどね。
で、内容はわたしは占星術研究会の方が好みなんですが。
占星術研究会を読んで、これはやめないな、一生続けちゃうんだろうなって感じました。
占星術研究会


なんで本の話題?っていうと昨日ですね、アマゾンで見ていたら、
勢いで買って読んでない心理学系の本が、2.5倍のお値段になっていたんですよ!
お?河童に退職祝いくれるってことかい?!売っちゃう?売るかな?ってw
ついでに本の整理をしようかなー、春だしな~って、
まあ、そんなことがありましたんです。


・・・・そんなことを言いつつ、最近またまたまた、
本が増殖している河童書房でございます。読むのが追いつかないよー
[PR]
by umiyami | 2015-03-29 02:55 | 今日のサビアンシンボル

おひつじ座8度 「風になびくリボンの付いた大きな帽子、東に向いている」

あ、忘れてました。
もう一日が終わっちゃうね、爆

なんでわたしはここにいるのかしら~~?とか、言ってるうちに一日がすぎていた・・・

d0321384_18202539.png


おひつじ座8度 「風になびくリボンの付いた大きな帽子、東に向いている」

見えない風の向きを教えるたなびくリボン。
わたしは大きな帽子で自分のあたまを厳しい日差しと風から守る。

東は太陽が生まれる誕生の場所、
そして、西は太陽が死んで闇と月に譲る時間。
夜ごと太陽は死に、明日には東に蘇る。

サビアン文はこちらで!→
[PR]
by umiyami | 2015-03-28 19:54 | 今日のサビアンシンボル

おひつじ座7度 「2つの領域でうまく自己表現している男」

d0321384_15584578.png


おひつじ座7度
「2つの領域でうまく自己表現している男」
A man succesfully expressing himself in two realms at once.

この度数を見たまま、二重生活とか、
端的に二足のわらじとか言ったりすることもあります。

個人的にはおひつじ座7度の人にあまり当たったことがないので、
なんとも言えませんが、そういえばさっき見たホロスコープにありました・・・!
が、お誕生日と気付かずに、ふつうにお返事送ってしまったよ~~、爆。


マルセイユタロットの太陽
このカードの二人の子供のようです。
d0321384_15364375.jpg

いつもだいたい同じことを書いてる気がします、爆。
見えないものが見えるものを支えている。このふたりの子供もそんなようなものですね。
男という時は男性に限るということではなくて、男性性、行動力って意味ですかね。
自分をどんどん表現していきましょうという感じでしょうか。





昨日の考察のメモ
03月26日
6の分離と結合と調和について。3と2を含んで展開する6。3という数を象徴とする三位一体は三角形であらわされる。天を指す上向きの正三角形と、地をさす下向きの正三角形、六角形、星の形。2つの正三角形を相対化させる。2は天と地、上下、陰陽、男と女、光と影、自己と他者。5は統合の前の混乱、調和の前の葛藤。

03月26日
7は完成、7はハーモニックだと夢の具現化、追い求める理想、夢。で、6は下の5の自分を押し出す激しさと、上の7の夢の完成の成分を含んで調和をたもっている。


昨日届いた新刊、「地球星座占い」
これ、すごいおもしろーい。
わたし、松村先生の本は、だたいたいむずかしくて、ちびちびしか進まないんですが、
ヘリオセントリック占星術は、朝から読み始めその日の夜に読み終わりました。
オレ、太陽好きーーーー!!!みたいなノリです、爆。

わたしの運命がわかる地球星座占い
松村 潔
KADOKAWA/角川書店 (2015-03-26)
売り上げランキング: 9,681




ヘリオセントリック占星術
松村潔
説話社
売り上げランキング: 177,728

[PR]
by umiyami | 2015-03-27 16:00 | 今日のサビアンシンボル

おひつじ座6度 「一辺が明るく照らされた四角」

なんだか、寒いじゃないですかぁ~(>_<)
d0321384_7232333.png


おひつじ座6度
「一辺が明るく照らされた四角」
A square brightly lighted on one side.

四辺のうちの一辺に光があたって輝いている。
それは一辺が輝くために3辺が影になるということです。

偏りのないことは素晴らしいことでしょうか?
そうである場合もあれば、そうでない場合もあるでしょう。

昨日の5度が三角で今日の6度が四角。
三角は火、四角は土
ピラミッドは横に立って下から見あげると三角ですが、
上から見ると四角でつまり土台が四角なんですね。

エジプトでも4は基本方位であり、死であり、墓であり、
棺を引く4人、カノープスの壺が4つ、
4は安定であり、停滞も意味するわけですが、
度数としては6度です。
6は受容、調和、3の三角形が2つ上下に重なり、
上と下に引きあって調和している六角形、それが6です。

今日のサビアン文はこちらで!→




あと、買ったばかりのこの本が結構おもしろそう、
ブックオフで500円位だったんですけど、新品同様でしたお。
エジプト神話シンボル事典
マンフレート ルルカー
大修館書店
売り上げランキング: 1,012,338






昨日は読みかけた本が難しすぎて半分読まない内に気絶。
半分も活動せずに寝てしまいました。知恵熱かー。
寒くて出かけたくない、メール鑑定の続きもあるぞおおお、
だがしかし、
今日はハロワに手続きに行かないと行けません!
今日は月が双子ですが、うお水星と90度な感じなんですねぇ、
事務的てきぱきスムーズに!って感じではない、爆。でもまあ、しょうがない・・。テキトーにがんばろう。
[PR]
by umiyami | 2015-03-26 07:57 | 今日のサビアンシンボル

おひつじ座5度 「羽のある三角」

変な夢を見て1時頃に起きてしまい、しょうがないのでブログを書いたりしてます。
d0321384_68721.png


今日の太陽はこれから移動、
おひつじ座5度
サビアンシンボルは、
「羽のある三角」A triangle with wings.

三角は上昇する純粋な思考。
羽が羽ばたき飛翔する。

この度数で思い浮かんだのは、
ちょっとずれてる気がしないでもないんですが、
たとえば・・・
まあ、なんでもそうかもしれませんが、あまりに純粋なものというのは、
一般のひとにとっては毒であるなということです。
度数の高いスピリットと呼ばれるようなお酒は、飲む人を選ぶものです。
そのままでは飲めない人でも、薄めることで飲めるようになるということがあるな・・とか、

先日、シュガーさんが講座でおっしゃっていたんですが、
土星の常識の壁を、お守りとかおまじないと表現されていたんです。
おおーおもしろい!と思いました。
わたしは、土星の壁は、どうしてもノロイと感じてしまうことが多いので、
目からウロコでございました。




さっき観た夢がヘンで、コワイっていうのでもないけど、とにかくヘンでした。
アストラルエーテルレベルで侵入者があり、それがなにかの形で現象界に漏れていると、
それで警報が鳴っている。
これは、これはストーカーではないか?
それはまずいんじゃないの?どうすんのこれ、???みたいな夢でした。
アリス・ベイリーをちょっと読み始めているんですが、これのせいか?
それとも久しぶりのナマ松村講座のせいかw
今まで以上に人間の発する感情や思考やら、
占星術的な働きも、自分で判断できるようなレベルではなく、
善悪を超えた、純粋なエネルギーとして感じることが体感としてあって、
ちょっとおもしろいです。
ただ視点がシフトして、チャートが今までの形では読みにくい感じがしています。
[PR]
by umiyami | 2015-03-25 06:12 | 今日のサビアンシンボル

おひつじ座4度 「隔離された歩道を歩くふたりの恋人」

今朝はオババに急に電話で呼び出され、
何事かと思ったら、河童にばかり迷惑をかけられないと思って、
昨日、一人で掃除していたら腰が痛くて歩くのが辛い・・・と言ってきて。
オババを病院に送って行ったり、いろいろして、
さっき家に帰ったらぐったりでした。
なんか病院って疲れますね。

d0321384_18422831.png

おひつじ座4度
「隔離された歩道を歩くふたりの恋人」
Two lovers strolling through a secluded walk.


ふたりと言うのは、
地上に降りた生活者である、このわたしを、
目には見えない次元で支えるもうひとりの私、
という見方もできるかもしれません。

この世界には、わたしひとりしか存在していなくて、
見える全てはわたし自身の投影である、という考えがあります。
わたしが怒りを隠していると、怒っている人がわたしの前に現れる、
そういうことですが、これはホロスコープの上にもあらわれてくる。
おひつじ座の火星を持っている女の人って、
自分自身が火星のパワーに振り回されていたり、
周りの人を振り回してしまっていたりってことがありがちです。
だいたい、自分のエネルギー過剰が原因だっていうのは無自覚なので、
被害者意識を抱えてしまいがち。


最近ちょっと、好きな有名人が結婚かも!というので喜んだ記事があり、
そのあと、なんかげんなりするニュースを見て、(´・ω・`)ガッカリ…ってことがありました。
わたしは、昔から渡部篤郎さんと中谷美紀さんどっちも好きでして、
まえから渡部さんの前の奥さんは苦手でした。
なんでって、すぐ上の姉にそっくりなんですよね、、、爆
姉も火星がおひつじ座なんですよ。
独特のプライドがあって、それが傷つけられたと感じたとき、
ものすごい怒りの爆発があって、それが、思い出す度に爆発する。
わりとしつこい・・・これは姉のことで、一応お断りしておきますが、
おひつじ座の火星の女性が全て、問題を起こすとかコワイ!って意味ではないですよ~



で、今日話していたら、
うちのオババが1月に出したしし座のサビはん絵本を読んでくれているそうです。
難しいから行ったり来たりしながら読んでて進まないって言ってました、(汗)
正直、書いてる本人もわかってないことがたくさんあります。
わかってることしか書けないとしたら、
ちょっとそれは面白い本って世の中から消えちゃうような気もするんです。

つぎのさそり座では死者の書を何かの形で取り込みたいと思っていて、
それは直接テーマとして出すのか、エッセンスとして取り込むとかになるのか、
ちょっとまだわからないんですが、
90才近くなってきたオババに、もしもそれを読んでもらえたら、
書き手冥利に尽きるなと思ったりしています。
さて、どうなるんでしょうか・・。
[PR]
by umiyami | 2015-03-24 18:48 | 今日のサビアンシンボル

おひつじ座3度「彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り」

今日はお墓参りに行ってきました。良いお天気で気持ちよかったです。
d0321384_19532224.jpg

今日の太陽は、
おひつじ座3度
サビアンシンボル「彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り」
The cameo profile of a man in the outline of his country.
d0321384_1935183.png



個人である男が、故郷という非常に大きなものに同化している。
そして、横顔が浮彫になっているというのは、
自分自身では決して見ることができない、自分の本質であるということで、
それが他者にははっきりと見えている、そういう感じのことなんでしょうね。

全体の一部としての私は、個人でありながら、全体の影響を色濃く宿している。
育った環境、毎日会う人、生活の中で自然に目にするもの、
そいったものから影響を受けた結果、無意識的な領域で起きていくことです。

あのひと、見るからに看護師さんて感じね、とか。
学校の先生ぽいね、とかいうことがあり、その印象は実際当たっていたりします。
人の世話をすることを仕事にしてると、自然にそういう感じを放射する、
そういうことをいかにも自然にやっていそうな雰囲気の人になっていく、ということがあります。
[PR]
by umiyami | 2015-03-23 19:55 | 今日のサビアンシンボル

今日はお墓参り。

ひそかに、水面下で激動してる感じの春分点通過でございました。
一体なにがおきているんだろ、ってかんじです。

昨夜眠りになかなか入れなくてシータ波のまま延々と、
点と線が図形を生む、そんな世界をずっと見ていました。

暗い闇に小さな光の窓がパカっと開くクリアな映像を見たりしていましたら、
それからまた線と図形、中くらいの光、小さい光を見て・・・
一度、ビカ-!って感じの大きな閃光でハッと目が覚めました。

目が覚めたら、悲しいような、ありがたいような気持ちでいっぱいになって、
わんわん泣いて、そのまま寝てしまったようです。

それで朝起きる時も、うとうとしつつトランス状態が続き、
父と母の夢を延々と見ていたような気がします。
夢に父が出てくるのはとてもめずらしいんです。
起きるときに、「おとめ座、スーダン部」って聞こえて、
あー父はそこに今所属してるのか、ふーん・・って思って目が覚めました。





d0321384_10421520.png



キロンが水星と合
リリスが金星と月の間にあります。

父はすんごいふたご座で、すんごい12ハウス。
実際定住すらできないような生き方だったです。
風が吹くと飛ばされてしまいそうなひとでした。
人と深くかかわることをしない、できないひとで、
あいさつとか全然しないひとでした。
それは家族でさえそうで、一緒にいても会話がない。
でもお酒を飲むと、楽しそうに一人でずっとしゃべってる、
趣味は詰将棋と散歩。
下駄を履いてどこまでも歩いて行く感じで、
一緒に歩くと足が早くてついていくが大変でした。

仕事は田舎の郵便局員をドロップアウト後、漂流し、
これまた辺境の紀伊半島の南端に漂着。
無線通信士をしていて、父の天気予報は99%当たりました。
無線しながら天気図を書きながら本を読むとか、
わたしなんかだと考えられない手と頭の使い方の出来る人でした。
本と、はんだごてと、携帯用の将棋盤、それと散歩。
あと、酒乱、爆
それがわたしの父のイメージです。

父はすごく頭がよかったみたいで、見た目もメガネが似合って知的な感じでしたが、
そうういえば母の最初の夫、姉たちのお父さんも、ちょっと似たタイプでしたね。




半世紀ほど昔のはなし、
で、相当個人的なことですが、
わたしの父は、
わたしが生まれるのを聞いて自殺未遂をしたそうです。
母が同時に危篤になったことにショックを受けたんだろうと思います。


母はそういうはなしを子供の前で他人にペラペラ喋る、不幸自慢タイプの人でした。

ま農薬なんて不味くてガブガブ飲めたシロモノではないので、
飲み足りなくて命に別状はなかった。母も一命をとりとめました。

それで、父は農薬がまずかった反省もあってか、その後しばらくの、
わたしが乳飲み子の時期に限ってですが、結構いいパパだったようです。
赤ちゃんうんちは新聞紙を折って船を作って、それにさせていて、
うんちは常に父の検分を受け、すみやかに捨てられるのであった・・
なかなかエコで頭いいですねw
わたしはこの記憶には残っていないエピソードが好きすぎて、わりとよく想い出すんです。

しかし、ものごころついた頃には両親は離婚して、
家族とか家庭というのがちょっとわからないで育ちました。
母と二人だったり、父と二人だったり、オババの家に居候していたり、
宗教団体に放りこまれていたり、施設の世話にこそなりませんでしたが、
むしろそのほうが同じ環境の子供が居て良かったのかもしれないなと、
今振り返ると思ったり、思わなかったり。

そして、
両親はわたしが13才の夏に復縁し、その翌年、父は胃癌で死にました。

もしかしたら、続く・・・
[PR]
by umiyami | 2015-03-23 11:08 | わたしについてプロフィール