おべんきょーの時間、いまのところ
眠くなったりいろいろ邪魔が入りながらも朝10分昼10分が精一杯。

夜10分もいれこみたいところ。


昨日夕方、新しく出来た庁舎にお使いで行ってきた。
ちょー近代的でひろびろしていて、きょどきょどした。笑

結局お使いの目的は半分果たせず申請書をもち帰ったのだが、
昨日は朝も、別の役所で同じように申請書を持ち帰って、
また提出に行くという、子供の使い的なことをしたのであった。がくり。

で、うっかり受かって資格取れたら、
役所にしょっちゅうイカネバの娘らしいのである。
そーぞーするだけで涼しくなるわ....



占星術やめちゃうのですか?
って、そんなことはないのです。
いままでとかわらないといえばかわらない。

あーーーっと、以下

またもやらタッチパッドの呪いで消えたので、逝ってきます
続きは夜!


[PR]
# by umiyami | 2017-07-13 08:36

すごくいい記事が賭けた気がするけど、
今朝もタッチパッドの呪いによりて、記事が自然消滅したぞよ。

事件は会議室で起きてるんじゃないんだ!
というのがありましたが、
現場にない視点が事件を解決に導くこともよくあるのです。
長い目で見れば、
会議室の決定のほうが多くの人のために役立つことがある。
マキャベリズムをもちだすまでもなく、
一人の命は地球より重いって本当かよ?っていう疑問。
あ、いかん、また話を拡大しすぎ...

d0321384_07423327.jpg

で、まあ、

それは愛か恐れか?

ということが、スピリチュアルではよく言われますが、

愛と怖れはおなじもののおもてうらともいえます。


いうなれば、すべては愛であるというまとめになる。

でもそれだとドラマチックじゃない。


うお座の海王星は、愛と癒やしをもたらしますが、

感情の蓋を開き、悲しみや憎しみを溢れ出させる。

それはどちらも本心の発露と言える。


出会いと別れ、

確かめ合う絆のありか、

あらたな出会い

再会と再出発、

パートナーとの問題、

そうした問題とも関わってきそう。


わたしは昨年、一昨年あたり、

それを誰とやっていくのか?

なにをやるのかという問題が主だと感じていました。

それに関しては自分でも思っていなかった方向に転じて、

意外な感じを今も持っているのですが。


それでまあ、79日の満月は、

わたしの周囲では、予測通りにちゃぶ台返しが起きまして。

予測はしていたけど、予想外の出来事でもありました。

具体的には、

今までずっと、あのひとは頭が良くてよく気がついて、

いい仕事をしてくれるいい人だという評価を受けてたひとが、

7月にもちあがった案件への対応で、

自己保身のずるい人に転落しまったという、

8日から10日までの元月前後の出来事がありました。

もうひとつは、

新しい仕事に賭けてスタートをきったばかりの人が、

7月に入ったとたん電池切れをおこし、

10日にうつ状態で休養が決定した。

どちらも、わたしは直接間接に影響をうけていきます。

今まで人任せで、わからないことは教えてもらえるという、

立場から、主体的に勉強して答えていく側にならなっていく。

ついでにいうと、

自分はたいして評価されていないとわかって、

ちょっとがっくりきてもいる。

トランジットの土星が自分の太陽に乗っかっているいまにふさわしい出来事だなと見ています。今までは、もっと大きな枠組みで世界を捉えることばかりを考えて、現実的なことから逃げていました。資格なんて意味ないと思っていたし、


[PR]
# by umiyami | 2017-07-12 08:16

d0321384_08481136.jpg
スピリチュアルや精神世界のことですが、
意識や魂のレベル()的ななにかを、
高次と低次に分ける表現に、
ものすごく抵抗を感じていた昔が、
わたしは結構ありました。

あるときふと視点が変わり、
なんだ、おなじなんじゃないか、と思った。

高さには低さがともなって深みや厚みが生まれるのだ。
それまでわたしは、
下から上を見上げるような視点しか持てなかった。
それでいつも
上から見下されているような気がして、
勝手にひがんでいた気がする。



みんなが自分似できることをして、
自分に出来ないことが出来るひとに、
すごいね!と素直に言える世界になればいいと思う。



だれしも生きていく上では
いろいろ、日々の悩みや問題はあるけれども、
若ければ若いほど、その悩みは深くて深刻化しがちだけれども、
それは実際や見た目じゃない精神的な若さなども含めてな。
悩めるということも恩寵といえるのではないかと、
最近は思うようになってきました。


どうしたって、
われわれはいずれは、もれなく死を迎えます。
過去生だ、未来世だと言ったところで、
今この瞬間、この文字を読んでいるあなたは、
今この瞬間のあなたしかいない。
あなたは、あなた以外ではいられない。
転生がもしもあったとしても、
同じあなたは二度とない。




[PR]
# by umiyami | 2017-07-11 08:00





[PR]
# by umiyami | 2017-07-10 08:31




2017/07/09 13時すぎ満月です。

満月やぎ座18度、ユニオンジャック
冥王星やぎ座19度、大きな買い物袋を持った5歳くらいの子供
太陽は蟹座18度、ヒナのため土をほじくる雌鳥
火星がかに座23度、文学会の集まり
土星がいて座23度、移民の入国

d0321384_07423327.jpg
きのうはぼんおどりたいへんでした。
踊らないし、いい匂いの屋台の焼きそばも食べないし、長蛇のかき氷の列にも並んだけど食べないし。
付き添いってタイヘンだわーというゲームを楽しんできますた。
それめずらしくその前日はお腹壊した河童です。

子供は楽しいけど、親はタイヘンよーみたいなノリ。

なんかすごい満月図ですね。

おっと、
というところで、草刈り隊が到着したので、以下、
FBに今朝掲載した記事を貼り付けて手抜き。

基本的に、満月は
というか、180度は
「道」が繋がれる瞬間だと思っています。

今日などは、やぎかにの道です。

自己の属する場を確認する満月、
強制終了と、
強制開始ということと、
旅のイメージが浮かびました。

ひとはひとりで行きているようで、そうではない。
だれもひとりではなにもできない。本当は。

世話しているつもりで、
世話する相手に支えられている。

楽器を演奏しているつもりが、
実は自分が楽器にさせられている。

コントロールしているつもりがされていた。

過去の集積としての今日、
そして、この、今がある、
という時間の捉え方があります。

あなたはここまでひとりで走ってきたわけではない。

旅の計画をたてる。

あるいは、象徴的に、
自分が旅の途中にすでにいることに気づく。

[PR]
# by umiyami | 2017-07-09 08:03

ヘルパー占星術師河童母の世界