人気ブログランキング |

2013/10/30 月をみるとき思い出すこと

太陽はさそり座7度から8度へ、15:35頃移動します。

single.php.png
サビアンシンボル
 さそり座8度「湖面を横切って輝く月」

水面に月が映るのを見るためには静かに岸辺に立ち、
湖のさざなみが凪ぐまで待つしかありません。
人との関係や物事から距離をとり客観的に眺めています。
心の水面を静かに澄ませて、
水の上にイメージがあらわれるのをじっと待つ。
待つことで引き寄せる。
透視能力。
冷静で控えめな印象です。


7度で危険をかえりみず深海に挑んだダイバーは、
深味にはまり傷つき疲れ、水から上がり休息を求めます。



:::


昔、古神道の先生に教わって、
月の波動を取り入れるという練習を2,3年やってました。
水鏡に写した月を見るという方法です。
わたしは波動とかそれを転写するとかという意味がわからなくて、
普通にぼーっとながめていただけですがw
一緒に勉強している仲間の人は、月にいろんな色が見えたとか
神のような麗人が見えたとか、いろいろおもしろい話を聞きました。

太陽が育てたものを月が維持するというふうに先生に教わりました。
弱ったひと傷ついた人を癒やすとき、太陽の波動は強すぎる。
だから月の波動を使いなさいということでした。
(心霊治療的にはどんな場合も月がいいということではないそうです)

難しいことは覚えなくていいけど、
死んだら全てが終わりでじゃないんだよ、
今のまま死ぬんだから苦しいまま死んだらだめですよ、
それだけ覚えておくようにと言われました。

これが先生に教わったことです!というふうに、
人に向けて出して見せる形ある何かはないかもしれませんが、
先生にはとてもたくさんのことを教えて頂きました。




月の満ちかけ絵本

by umiyami | 2013-10-30 13:41 | 今日のサビアンシンボル