人気ブログランキング |

2014-05-24  ふたご座4度 「ヒイラギとヤドリギ」

太陽の移動は15時頃になります。さくっとホロスコープでは出ませんが、キロンがうお座の18.02で、水のグランドトラインができています。火星はそろそろ通常運転に戻って来る感じですが、グランドクロス的なキツさは、わたしはあまりゆるんでる感じはしません。むしろ今まで問題だったしがらみが(というかそれを言い訳にして行動しなかった)根本的な解決には至らないまま、ちょっと棚上げしておける状態になったところで、さて?じゃあ自分はどうしたいんだったけ?と、迷いがでてくるようなむきもあったりするのでは。

おひつじ座の天王星と月、金星と双子の水星の60度なんか、これは使える!楽しそうじゃまいか♪とか思って見ていましたら、これを辛そうな配置と読むかたもいらしたので、いろいろだなぁ・・・と、ちょっと感動しました。もしも、今つらいな、くるしいなと思われることがあったなら、ああ、つらいな・・、しんどいなぁ、くるしいな・・と感じる自分の感情を、冷静に霊性な目をもって、みつめてみてください。その感情は躰のどこらへんで、どんな感じで波打っているか、またははりついているか、染み込んでいるか。感じて感じきったら成仏して消えていくかもしれません。流れに任せてながめていられなければ、やさしく叩きだしてあげる方法もあります。

single.png


ふたご座4度
「ヒイラギとヤドリギ」
Holly and mistletoe.


ヒイラギとヤドリギも、モミの木も永遠のいのちをあらわす常緑樹。そしてクリスマスのシンボルであり、生命の木を象徴しているものです。名探偵ポワロやハリーポッターでもありましたが、英国にはヤドリギの木の下でキスをすると幸福な結婚ができるという伝承があるそうな。幸福感をよびさますシンボル、それは物心つく前のあたたかく守られて保護されていたころの無意識に眠る記憶。その無意識を呼び覚ますのは、生命の木。

そしてヤドリギの枝を吊るしてその下を通るおまじないがあるんですって。このまえ、河童は仙人に会いに行く前に、仙人の家の床の間に金色の穴を見つけて、穴におちてた紅葉の葉っぱと木の枝を仙人と拾ってる夢をみましたけど、そうするとあの夢はものすごく良い夢のようではありませんか。

::::::2013:::
ヒイラギとヤドリギはそれを見たり思いうかべるだけで、クリスマスのわくわく感や家族との絆がよみがえる西欧において民族的な懐かしさの感覚を呼び覚ます象徴です。日本人にとってのお正月の初日の出、門松、鏡餅と、初詣のようなワードなのかも。民族的に集団としてもつ情緒を刺激し、子供らしさ遊びの感覚なつかしさを意図的に呼び起こす。それを技巧的に使い、情感を盛り上げ人間性を回復させるコトバの使い手、演出家となる。

:::::::::::::::

ポワロシリーズの中でもクリスマス・プディングの冒険は印象に残ってるとてもかわいいおはなしです。
クリスマスの時期になると取り出して読んでいましたが、最近はデビッド・スーシェのポワロを鑑賞。英米ドラマはどのドラマもクリスマス時期はスペシャルな感じで力が入ってますね。


by umiyami | 2014-05-24 07:18 | 今日のサビアンシンボル