人気ブログランキング |

2014-06-25  かに座4度 「ネズミと議論するネコ」

single.png

かに座4度
「ネズミと議論するネコ」A cat arguing with a mouse.

:::::::::::::::::
弱気になって自我のガードがゆるむことで、
猫は今まで軽んじて気づこうともしなかった、
ネズミの視点を手に入れることができるのです。
蟹座の集団性に深くコミットしていく段階です。
集団に溶け込むことで新たなチャンスを得る。

::::::::::::::::


夜中に三回くらい悪夢ちゃんで目がさめてました。昨日のセッションの効果だと思います。うまく解放できたなというときはわたしはよく悪夢を見ます。停滞している時も悪夢を見ますが、内容とか見方がちょっと違います。

昨日は身体症状にくっついた感情をタッピングしましょうということで、お話しを聞いてもらってフレーズを作ってもらい、タッピングしました。SUDは変化がありませんでした。そこで、症状が躰の内側または外側のどこにどのようにイメージされるか、というところに視点を変えて、そのイメージにタッピングしたらヒットした。そのとき、内的世界ではおもしろいことが起きていたんですが、それはまたあらためて書きます。

わたしは自分の感情がちょっとわからないことが多いです。そもそも身体症状は、乖離した感情が引き起こしてるのではないかと思います。だから、話を引き出してもらって、その感情を言葉にしても一般論的な平坦なものしか出てこない。EFTのフレーズにこだわる方法では、解離にはタッチできないんだろうなと思いました。

わたし自身は自分で勉強して実践してきた中で、眼球運動と手の指先のポイントに強く反応があったんですが、日本特有なのか技法が洗練されて行く中で淘汰されていったのかわかりませんが、いまEFTではあまり使わないようなんですね。

いずれにしても、セッションを受けてみるのは勉強になります。比較するものがあるということでの気付きがうまれるし、発見もある。機会を作ってまたどこかでうけてみたいと思いました。
無意識を活かす現代心理療法の実践と展開―メタファー/リソース/トランス

by umiyami | 2014-06-25 06:52 | 今日のサビアンシンボル