人気ブログランキング |

蟹座11度 ピエロの鏡の法則

d0321384_8321912.png


かに座11度
「しかめっ面をするピエロ」A clown making grimaces.


かに座の共感力が、無意識を通じて人の感情に働きかける。
わらいはこころをひらくキー


ピエロは笑いで虚飾を取り去るものです。
モノマネは、大げさなディフォルメで笑いを取りにいく。
つまりは、観察によるモデリング、
他者のコピーなわけです。
それは、
自分が相手の鏡になるということ、
しかめっつらのピエロの前にはしかめっ面のひとがいる。

でもそれが持ちネタになってしまうと、やってるうちに、
あれ、どっちがどっちを映しているんだっけ?
不機嫌なのはピエロなのか?
ものまね相手なのか?


ピエロって西洋的でわたしはよくわかりません。
スティーブン・キングの「IT」のドラマにでてきたピエロが印象的。
スタンド・バイ・ミーとちょっと似ていて、どちらも好きで何度も見ていますが、
あのピエロはものごくコワイです!
あのピエロはモデルがあるんですよね・・・



ちょっと満月前夜に見た夢で、埴谷夫人とお友達になったのでw
埴谷雄高の「死霊」を読みかけてます。
夢で出会った夫人はですね、
ものすごく可愛いかに座9度の幼女のようなひとでした。
実際は全然知りません、爆。


虚体ってなんだよーーー!



「自由の最高は夢想である。
ぼくはそれを夢想にとどめない。」

「ぼくは非常に困ったもんでね、
宇宙好みというのがあってですね。
人間を通過して、宇宙にまでいかない思想は
本当の思想じゃない」



好きなことを仕事にして、お金も儲けて幸せに生きる、
それが人生の成功とかって、
わたしはちがうなーって思うんですよ。
あ、批判じゃないからね、これは。
埴谷さんは、小説書くのが好きだからとか、
文学ラブ♡とか、絶対考えなかったと思うんだよね。
思考せずにいられなくて、
やむにやまれず書いてるし、書きたいのに書けなくて、
でも書きたい思いを捨てないで生きつづけた。
そして、
50年かけて未完の完と言われる作品を残して死んだ。

好きなこととお金を天秤できて、ペイできてるかどうか?って、
それができる時点で、お金のほうがすきだってことなんじゃ?って思うんです。
だから、儲けてるひとはまやかしだ!というのじゃないですよ?
自分の動機がどこにあるのかを自覚した方がいいってことです。
好きとお金を天秤して戦略ねると、いずれ好きを切り売りすることになる。
で、それをやると一時的な効果はあるけど、
長期的にはかえって入るより出て行くほうが増えたり、
自分の好きの気持ちが磨り減ったりするかも。

好きとか嫌いとか関係なく、これをやろう、
自分はこれをやるんだ、と思ったら、お金なくてもやっちゃうんです。
で、協力してくれるひとが出てきちゃう。

素晴らしい働きをすると、その人の周りにひとがあつまるし、
ひとが集まるとお金が出たり入ったりする。
人の数が増えると、お金の出入りも増えるんだよ、っていうはなしです。

あーオレもがんばろ~!




島田雅彦が若いですね~

埴谷さんも若いときすごいかっこいですけど、島田さんカッコイイよね。
島田さんも埴谷さんのダンディズムを語ってるけど、ご本人にもそういうのあるだよねー
きっと、だからひとを見るときもそこがクローズアップされて見えてくるだよー。

死霊(1) (講談社文芸文庫)
ゾンビ小説ではありませんよおおお。

本の中には宇宙が広がってるんだ。
本を読むって、本当はパスワークなんだよね。
読書は確かにトランスです。

by umiyami | 2015-07-03 09:29 | 今日のサビアンシンボル