人気ブログランキング |

占星術をやってるひとは年をとらない気がする。

ここしばらくあちこち痛くて夜中に4,5回目がさめてたんですが、
今朝は2回起きただけで、ひさしぶりによく眠れた感じです。
トランシットの土星とか天王星がネイタル天体にハードになると、
よくこんな感じになるような。わたしの場合ですが。

昔々はたらくおじさんっていう教育番組がありました。
わたしは、どのおじさんもすごいなーと感心しつつ、
でも一番は「自由業」という単語に夢とロマンを感じてましたw
ふつう本が好きなら、本屋さんとか本を作る人とか書くひとに行くんでしょうが、
なぜか、図書館に住みたい!とか思う、実にいて座的アホ脳の子供でした。
なんてすばらしいくるくるぱーだ!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶




d0321384_6543132.png


かに座15度
 「食べ過ぎを楽しんだグループの人々」
A group of people who have overeaten and enjoyed it.

食べることは人間の最大の楽しみであり、
「生きる糧」という言い回しがあるように、生命そのものをつなぐもの。

12サインのなかでは蟹座は食いしん坊って定説です。
食いしん坊仲間のおうし座はさらにグルメですw

で、宇宙人もしくは未来人さんたちは、ひんぱんに食べることを後回しにし、
身体をないがしろにし、身体を精神の下に置きますね。
みずがめ座さんとかおひつじ座さんとか、
ライツがそれです!ってひとは、時々思い出してください。
身体もあなたですw



高齢者の介護の仕事を長くしていてよく耳にしたことの1つが、
「好きなものを食べても、昔みたいにたくさんは食べられない、
人間、トシとったらしまいや・・・」という、愚痴?のような言葉でした。

食べる楽しみ、触れる楽しみ、見る楽しみ、聞く楽しみ、
感覚にあまり頼っていると、こんなふうに無気力になるのかーーと。

あまりに感覚に頼って生きていると、人間は、そのときそのときで、
いつでもないものねだりをする生き物になってしまう気がします。
そうならないためにはどう生きたらいいのかなーって、
テーマが介護を仕事にしていくなかでずっとありました。

毎日老人の愚痴を聞く中でそういうことを考え始めて、
身体の自由が効かなくなってもできることを探していっていったら、
妄想しか思いつかなかった、爆。
なぜなら、失った自由への執着の感情が前面にくるだろうから、
思考とか精神とかいうのは、その感情の嵐に吹き飛ばされる。

で、その模索の中で、ヘミシンクータロットー占星術ときて、
さらに、自分が身体の中にすっかり引きこもる状態、
動くこともしゃべることもできなくなったときにのこるのは、
たぶん、思考でもなく感情エーテル体なんだな・・・って。






最近、副業が古本屋?って感じになりつつある河童です。
仕入れはしてないので、古物商許可証とかはありません。
蔵書がなくなったら終わる予定。
4月からちょっとづつ整理を始めて、3、40冊くらい売れたんですが、
古くてプレミアがついてる本がけっこうあったんですよ。
なかでも松村潔の本って高いんですよね~
売りたい気持ち満々だったんですが、これがまあボロボロでw
使い倒して傷みがひどくて売れそうになかったので、
これからもお世話になります!たぶん一生使うと思いますw

by umiyami | 2015-07-07 08:04 | 今日のサビアンシンボル