人気ブログランキング |

Every man and every woman is a star. わたしたちは星なんですよ~

Every man and every woman is a star. 
すべての男女は星である。

ご存知、アレイスター・クロウリー先生のお言葉でございます。
クローリーさんってほんと毀誉褒貶ございます。
わたしは魔術については語るほどのことを知らないのですが、
Every man and every woman is a star. 
この言葉、侮れませんよ、
ただロマンチックね~とかって表面的な意味ではとれない深い意味がある。
d0321384_23133789.png




しし座7度
「空の星座」The constellations in the sky.

星座も言ってみれば、神のようなものなのかなーと思います。
人間は自分たちの頭上の太陽を仰ぎその光りの明るさと温かさを受けて喜び、
または厳しさを感じ、そこに大いなる存在を見いだし、神と呼び畏れ敬い慕った。
太陽は農耕のサイクルを知らせ、作物を育てる恵みであり、
砂漠の民にとっては太陽は恐ろしい神で、月は癒やし母の手のように感じたでしょう。

空の星もそう。星と星を結びつけ、星座をこしらえた。
人間は擬人化しキャラクターを創造し、物語を創作した。

暗い夜に焚き火を囲み、吟遊詩人の語るのは夜の星座の物語・・・。

人間が生まれてからの歴史って、
電気もなにもない時代のほうが長いわけなんですから、




ちょっと懐かしくなったけど、まだ生々しい。


わたしはこの放送途中で切って仕事に行ってたんですよね。
昼間とは別に、ALSという難病の利用者さんの夜のおむつ交換に行ってました。
Y子さんといって、60代くらいの、
ちょとくせのある真っ黒な長い髪の、とても知的なひとでした。
震災の数カ月後に亡くなり、わたしはそれから夜の仕事は断って、
なんかだんだん仕事から熱が冷めていった感じですね~。

もうひとつ思い出すのは、
この時期に、いつも咲くのを楽しみにしていた、
通り道にある立派な桜が切られちゃったんですよね。
桜は、Y子さんのお宅への通り道にありました。
夜通ると桜の時期にはライトアップされていました。
その桜のあるお宅も立派なお屋敷で、おうちのひとも立派。
でも、その家にひとり知的障害のお子さんがいた。
同じ校区だったんですが、
お子さんと言っても、彼はわたしと同じくらいの年齢なのでもうオジサン。

子供の頃から、町の通りをかなり遠くまで歩いてるのをよく見かけました。
怒ってるようなときもあり、にやりと笑っているような時もあり・・・
総体的に表情の幅はあまりない感じでした。
時々全く見かけない時期もあって、そんなときは入院してるんだよって噂でした。

で、この彼が、桜がなくなってから、仕事を始めたんです。
たぶんそれまで、仕事をしたことがない、というか、
学校も継続して通っていなかったと思います。
びっくりしました。
今年私が仕事をやめてからは、見る機会がないので不明ですが、
2012年からずっと続けてお勤めしているようでした。

40才すぎて、そういうふうな変わり方をするものなんだ・・・っていう驚き。

でも、本当に大きくて立派な、ものすごくきれいな桜の木だったんですよね・・・

今日もなんか、全然関係ない話になってしまいました、爆。



池澤夏樹さんのステイルライフ、これわたしは個人的に名作です!
わりと薄い本なので機会があればぜひ!という感じです。
宇宙線、
チェレンコフ光、
わたしたちは、宇宙と自分とは全く別のものと思わされていますが、
そうではない、そんな不思議な気分になる。
っていうか、わたしはなりました。
スティル・ライフ (中公文庫)

田中裕子さんと南果歩さんのドラマで見て原作を読んだんですよ~
ドラマも面白かったんですよ~またみたいなー。

原作は男性が主人公になっていましたが、原作も良かったよ~。
d0321384_2324507.png


d0321384_012170.png

水星冥王星がしし座なのか~。
すごくみずがめ座的だと思ったんですけどねぇ。

太陽土星にはドラゴンヘッドが合です。

by umiyami | 2015-07-29 23:13 | 今日のサビアンシンボル