人気ブログランキング |

限界を知る

秋分ですが、いかがおすごしですかー

ここにきて、
外に出てみるかという気持ちになってきました。
収入の問題もあるしパート再開しようかなー


自分の限界、
できることが少し、
出来ないことは一杯・・・という、現実をありのままに見ています。
ひきこもりがちで、
なんとなく、晩年のことを考えています。

今まで、たくさんの方のホロスコープを見せていただいて、
たくさんお話しをおきかせいただいたり、メールを読ませていただきました。
わたしなんかでいいのかよ?
って思うようなお悩みにも迷いながらおこたえしてきて、
納得してくださる方も、くださってない方もいらっしゃったと思います。
どちらのみなさまにも、この場をかりてありがとうございますとお伝えしたいです。



晩年の話ではありませんが、よくあるお悩みのことについて、
感じていたことがあります。

親で悩んでいるひとって、わりと幸福な結婚をされていますね、ってことです。

反対に、孝行娘だったひとのほうが、なかなか結婚の縁がないとか、
(わたしもこっち組かもしれませんが)
結婚生活に何らかの問題を抱えているような・・・・
そんな感触があるんですよね。

(わたしの親は良い親でしたという場合もあれば、
すごくいい親だったり、そこそこだったりと幅はありますが)

友達みたいな仲良し親子で、どちらも家庭円満、
ということもあるでしょうかから、一概には言えません。

そして、
わたしは、夫婦問題を扱った経験は少ないですが、
結婚の縁がなかなかありません、という方のご相談がとても多い。


この本は、むしろ、娘をもつお父さんたちに読んでもらいたいなぁと思いました。
娘の結婚運は父親で決まる
岩月 謙司
WAVE出版
売り上げランキング: 223,289

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
幸せな一生を願われたはずなのになぜか幸せに縁遠い女性。愛されて育ったはずなのにどこかクールで暗い面をもつ女性。娘時代に父親とどういう距離を保っていたのか?大人になってからこんなにも影響力を発する父親の問題を提起した衝撃の名著。

【目次】
第1章 愛が長続きしない女性たちー父親の影(夫のパンツをハシでつまんで洗濯する妻/突然恋人が嫌になったOL/緊張させる人が好き/改造願望/愛と暴力を勘違いする人々)/第2章 ファザコン娘はマザコン男を求める(父親の入った風呂の湯を捨てる娘/親からされたことを再現しようとするカップル/マザコン男を求める娘)/第3章 家庭内ストックホルムシンドロームとは何か(子どもたちの生き残り戦略/DSSのさまざまな問題点)/第4章 家庭内ストックホルムシンドロームの解決策(克服するための八つの方法/心の声を無視する人々/実践編(対策編))




したくないと思う親の世話は、思い切ってしないと決める、という決断もできるはずです。
ただし、その場合も無理して世話を続けた場合とかわりないくらいの、
心理的なストレスがかかることが多いです。

人から非難されるかもしれませんし、
されなくっても自分で自分を責めるかもしれません。
自分で自分を非難する場合は無意識的にやっていることが多いので、
体調不良や、なんとなくの不安感になって出て来るかもしれません。
どんなにひどい親だったとしても、親子とはそうした関係なんだと思います。
どちらにせよ、
迷ったり逡巡しつつ自分で考え、自分で覚悟を決めることが一番大切なことだと思います。



親には親の人生があり、子供には子供の人生があります。
兄弟従姉妹にしても同じことです。
仲良くできるに越したことはありませんが、
自分と違う考えを持つ、違う人間という意味では親も他人です。
価値観が違いすぎると、一緒に過ごすだけで危機に陥ることだってある。
人間同士の感情は場合によっては、距離をとらないと爆発することだってある。
化学反応の実験と似ています。
合わせてはならない薬品を合わせてしまい、周囲も巻き込む大爆発になることもある。

仲良し親子、感動的な和解のドラマ、そういったことも現実になくはないですが・・
テレビのホームドラマや、メディアの美談にだまされないようにしましょう。
個人の幸福のモデルを、そこに当てはめることは不幸の始まりでしかありません。


わたしは、両親のことを、思い出す時に感じます。
ふたりが自分の親でなく、友達だったらよかったのに・・・
友達ならいいけど親だったからサイアク、爆。
でも、ふたりとも、精一杯生きた人間だったという尊敬の思いはある。

ふむ~
晩年について考えると、幼少期が浮かび上がってくるものらしい。
わたしのてんびん座は晩年の入り口なのです。

by umiyami | 2016-09-22 18:42