人気ブログランキング |

ネガティブと向き合うことを避けるためのスピリチュアルは現実逃避の害をもたらす

なんかひどい煽りっぽいタイトルを書いてみました。

いて座の火はでっかいマッチ棒かな、爆。


基本的な人生のテーマとして、
わたしは、
洗脳を解く、集団催眠から覚める、というのがあったのですが。
洗脳は、催眠、呪いと言い換えてもらっても、さほど変わりはありません。

長年やってきて気がついたのは、
親から、教師から、メディアや社会から、
などなど、とにかく、自分より先にこの世界にあった数多のものから、
刷り込まれた観念に、対抗なんかしても無駄だった、
そのアプローチは間違いだった、ということです。

それが誰から受け取った情報であれ、
自分が受取りに同意した呪いにしかかからないということです。
つまりは、自己責任の自己洗脳であるということ。



まず気づくべきは、自分が同意したノロイを思い出すことでした。


わたしは、それを、みずからのネガティブな思考から探り当てた。
これは、わたしが同意して受け取ったものである。
しかし、これはわたしのものではありませんでした。
もういらないのでお返しします。

いままでありがとう。
こんにちは、スピリチュアル宇宙消費生活相談センター地球極東支局です。
ノロイ=思い込みクーリングオフ制度について、周知を求めるお知らセを致します。
”過去に個人が同意契約したものに対して、時間をかけて頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を我々に与え、「気づき」があった時点で、無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。一度同意し契約が成立するとその契約に拘束され、お互いに契約を守るのが契約の原則です。しかし、この原則に例外を設けたのがクーリング・オフ制度です。このノロイ=思い込みクーリング・オフ制度は、ミレニアム宇宙法規によって定められています”



サヨナラ 今日まで美味しい魚をありがとう♪



それが誰から受け取った情報であれ、
自分が受取りに同意した呪いにしかかからないということで、

つまりは、自己責任の自己洗脳であるということで、

そこから抜けるために他者は直接関与できません。
誰も助けてはくれません。
他者はきっかけを与えてはくれますが、
自分を救うのは自分しかないんだよねーということです。

by umiyami | 2016-11-26 15:59