人気ブログランキング |

自分自身で太陽を迎えに行きましょう


まだまだ、厳しい寒さは続きますが、
 春への準備を始める時期が来ましたよ。

明日は太陽が冬至点を通過します。

ながい長い夜を走り抜けて、
 太陽をむかえにいく時間がやってきました。
  
  待ちに待ったやぎ座さんの現実化の季節です。



少し前に、新規のかたへの鑑定は、今年いっぱいで休止します、
と書いたのですが、それと同時に、2017年からは、
これまでのメニューは全面的に変更することになります。

ですが、年内、12/31までにお申し込みいただいた方には、
従来通りのメニューで対応させていただきます。

初級講座も、メニューを一新します。
内容も若干変わる予定ですが、基本的なところは同じです。
ただ、価格が変わってしまいます。
ですので、
もし、初級講座の受講をご検討中のかたがいらっしゃったら、
年内にお申込みをおすすめします。


占星術初級集中コース (全6回)
惑星を味方につけて自分らしく自由に生きる講座
5000×6回=30000円


自分の星を知り、自分を知り、他者を知り、運命を知る

地球を生き抜くための、
ツールとしてのホロスコープと、
その使い方についてのルールを知る、入門講座。

これは、本当の意味でのスピリチュアルの入り口になる、
そういう講座にしているつもりでつくった入門講座でした。



カンタンに言うと、ホロスコープは地図のようなものです。


あなたは、今どこにいますか?
あなたがいるのは、いつですか?


ホロスコープは、
過去を見るときは過去を映し
未来を見るときを未来を映す


でも、今いるところを知らないと、どこにも行けない。

自分の行きたい場所を知らなければ、
どんなに正しい地図を持っていても、
最新鋭の多機能なナビを持っていても、
目的地を入力しなくては、
ゴールにたどり着くことはできません。

目的地を知るためには、今自分がいるところはどこなのか?
いつにいるのか?

まず、それを知らなくては、勢いだけでむやみに走り出しては、
壁にぶつかり怪我をすることになりかねません。

占星術の歴史を振り返ると・・・

自分を知り、敵を知り味方を知り、
過去、現在、未来という時を知り、
嵐に備え、事を起こすタイミングをはかる。

そのようにして、古代の社会においては、活用されていた。
そう、
占星術は支配者階級のための帝王学だったのでした。

言いかえると、占星術は
世の中の多くの人(つまりわたしたち普通のひとたち)には、
手の届かない、知り得ない「本質」を知るツールであったのです。

「今日の占い」や、星座ごとの性格診断という、
エンターテイメント的な扱いも、占星術人気を広めてくれましたが、
それだけではもったいない。占星術は人生に活用できる叡智の宝庫です。

そして、それは、自分で自分のホロスコープが読めてこそ、
本領を発揮することができるものだと、わたしは思っています。

講座はスカイプにてオンラインで行います。
マンツーマンで、一人ひとりに合わせて構成していく講座です。
まずは、自分のホロスコープを読めることが目的です。

講座の仲間は、フェイスブックのグループに参加していただいて、
質問などや、交流の場をつくっていきます。



いろいろお問い合わせは、こちらのメールまで。

sarume.uz☆gmail.com ※☆を@に変えてくださいませ~

(件名に、「鑑定」、「講座」、または「その他」の、内容をどちらかお書きください)

by umiyami | 2016-12-20 18:29