パフュームある人殺しの物語

物語というのは、記録ではなく記憶がつくるものなのかもしれない。



ここ一週間ほど節々が痛んですべてがスローペースになっていました。

一回、週の半ばに復活したのですが、痛みを抑えて無理をしてしまったのか、

またぶり返して後半乗り切れず、という感じで、失敗したなーと反省。

ちょっと健康管理きちんとしないと!と言う感じで、

今日はまだ慣らし運転というところ。

元々の予定だと、今日は初級のアスペクトの個人レッスンがあったのですが、

延期になっていたのもタイミング良かったです、


昨日寝る前に「フューム-ある人殺しの物語」という映画を観たら、

夜中に何度も目が覚めました。

なんとなく重厚そうで体力がいりそうだなと思って敬遠していたのに、

なぜか体調の悪い布団の中で昨夜は観まして()

が実際観たら、不快な重苦しさなどなくて、疲れも感じなかった。


ナレーションがすごくいいなと思ったら、ジョン・ハート様でした。

それでも結構衝撃だったらしくて、

昨夜から今朝にかけて、何度も目をあけて、

目覚めるたびに「あぁ、そういうことか」という、

映画の中に使われた象徴の意味に気がつくというか、

なんとなく気がついていたけど言語化に至らなかったものが、

ずるずる無意識沼から芋づる式に引き上げられて、

最初の「そうか!キリストだったのか!」というひらめきを端緒に、

処女懐胎、サクリファイス、フィッシャー・キング

言葉から思考にぱっとつながっていった。


純粋であることの恐ろしさと愚かさ、そしてかなしみ。

純粋無垢な鏡の前に立つとひとは、自らを恥じてひれ伏すしかないのかもしれません。

至福に従った結果の至福を超える祝福のようなものを見た気がしました。

それは、幸不幸を超えた先の世界にしかない幸福の中の幸福、

至福の中の至福のような言葉にするのが難しいですが。


観ていない人にはなんのことやらでしょうが。


ラスト近く、

香水の香りに幻惑されてトランス状態にはいっていく群衆など、

今の感覚では理解しがたいのですが、


にくむべき醜悪な殺人者が出て来るはずが、

正装した美男子があらわれ、

今までかいだこともないいい香りを漂わせる


そのとき、刑場は劇場に変わった。



茶番のように思われるでしょうが、

衛生観念もなく悪臭に満ちた17.8世紀のパリでは、

わたしはあり得ることだと思いました。

しかも、興奮を求めて刑場に集まった市井の人々にとって  

香水の放つ影響力ははかりしれない。






コーヒールンバという歌がありましたが、

まさにその時代には人々はコーヒーで酩酊したそうです。




この映画、

水のさそり座っぽい主題に見えて、

実は火の要素も濃いテーマだと思います。

地に足の着かない生き方

その知識を、

その匂いを

どうしても知りたい、

なんとしても手に入れたい、 

というのは火の欲求でしょう。

彼が手にしたかったのは、

形のない匂いというものと

それを維持し保存する方法だった。

しかし、

本当に欲していたものは違っていたのかも。

それが最後の最期にわかる...。




要所要所で贔屓され目をかけられるのは、

さそり座よりも蟹座要素ぽいですし。

非常なこだわりの強さと執着は、おうしまたは獅子座的。


と思って念のため検索してみたら、

主人公グルヌイユのチャートがありました。

新月すぎの生まれですね。



アングルはアセンうお座とか、柔軟サインのような感じと妄想。

魚市場の路上、魚の死骸の上で生まれ

セーヌ川に流されるところを発見されて生き延びる。


蟹座に天体が集合しています。

最初は孤児院から革職人

そして香水調香師へ

獅子座の月の衝動性と

月木星冥王星の自我肥大が物語を牽引している。

職人はおうし座ですが、

弟子入りして習うというのは蟹座的。

おうし火星のタフさねばりづよさと、

しし金星ドラゴンヘッドのこだわりの強さの90度関係は、

偏愛、変質的にも見えてきますが、

芸術にせよもっと現実的な事業であるにせよ、

また、連続殺人的な犯罪もある意味で、

ものごとをやり遂げるにはスクエアが重要な働きをします。

流れに逆らい抵抗に立ち向かって生まれるエネルギーのようなものがある。

d0321384_12413763.png



というわけで、

いま、やぎ座に惑星集合していますけど、

わたしは6ハウス大体やぎ座なので、

体調に来たようです。

原因も6ハウス

主に仕事の疲れ、職場のストレスみたいな感じかな。

あと、

N水星にT水星土星がきて、(わたしの6ハウス

N金星海王星にT火星木星がきていた(4ハウス

この一週間でしたが、

わたしは動けない、頭が働かないというので、

家でふとん、またはこたつで映画とドラマをたくさん観たのでした。

キックアス

キックアスジャスティスフォーエバー

最初のキック・アスの監督は、

キングスマンの監督なんですね。

ドクター・フー見逃していたぶん10話くらいと


レッド

レッドリターンズ

ヘレン・ミレンとマルコビッチがすき。


かっこいいヘレン・ミレンとかわいいマルコビッチ



むかしから、落ち込んだり調子悪いと

ミステリーかSFに逃避するわたしです。

そこは太陽いて座らしい


冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by umiyami | 2018-01-12 14:03

ヘルパー占星術師河童母の世界