2月 予期せぬ変化 成長への軌跡 

太陽・水星・金星がみずがめ座に集まる2月前半は、(もう過ぎましたが!)
先進的な空気のなか自由で活発な交流がはじまりそう。
そして、金星がみずがめ座からうお座に進む2/11を皮切りに後半にはうお座に惑星が集まります。
16日のみずがめ座の終わり28度での日食が変化のスイッチを入れる。
続いて2/18には水星がうお座に入り、翌19日には太陽がうお座入りうお座祭りのピークを迎えます。

2/16、みずがめ座28度の日食(新月
多くの人が思いもよらぬタイミングで、予期せぬ変化をむかえることになるかもしれません。
水星をともなった日食は、おひつじ座の天王星と60度、さそり座の木星とは90度を形成していました。
このとき、いて座の火星は、うお座の海王星と90度、やぎ座の土星とうお座の金星が60度。
信念体系の崩壊、これまで握り締めていた思い込みから解放され、
「役割」から身軽になるような変化が起きるかも。
それはとても若々しく、新鮮で驚きに満ちた変化の訪れとして感じられるでしょう。
前半は仕事や人との交流に忙しく、
どちらかというと外面的な部分で白熱した熱い時間を過ごす人が多いかもしれません。
後半になると、精神的な部分での充実をもとめていく感じで、心の交流に意識が向かいそう。

3月 深く、もっと深く... 未来のために過去と向き合う
3月は動きが激しくなりそうですね。
黄道12宮から見た一年の区切りと新しいサイクルの始まり-太陽の春分点通過をまえに、
火星がやぎ座に入り
(火星の逆行期間は6/27~8/27、
やぎ座入り 3/18
みずがめ座入り 5/16
ふたたびのやぎ座入り 8/13
そしてみずがめ座 9/11
うお座 11/16)
ここから11月にかけて、火星がやぎ座とみずがめ座に長逗留。
それによりたびたび土星・冥王星・火星がやぎ座で揃うことになります。
これは中期的に見て、社会的な変化、仕事や自分の働きや役割について、
また責任の所在について再考を迫られるような出来事に遭遇したり..
またあるいは職場での揉め事、派閥争いなどもイメージされるところです。

3/2、おとめ座での満月です。
太陽はうお座にあって海王星と並びます。
つまり、海王星と180度の満月ということになります。
水星・金星・キロンがうお座で合になり、いて座の火星と90度、
さそり座の木星と120度を形成しています。
傷と癒やし、根源的なレベルでの治癒、ほんとうのやさしさ思いやりに目覚めていく。
3/6、水星がうお座からおひつじ座へ
3/7、金星がおひつじ座入り
3/9、さそり座木星逆行
愛と創造力の発露。言葉では語り得ない深い想いを、言葉ではなく語る。
思いやりある態度、行動・身体性・美や芸術を通して表現していく。
パートナーに対して、身近な親しい人に対して、とるべき態度が明確になっていく。

3/17、うお座28度での新月はキロンと合、いて座の30度の火星と90度
3/18、いて座の火星がやぎ座へ。
3/21、太陽おひつじ座。新しいサイクルの始まり!
3/23、おひつじ座水星逆行(3/23~4/15) 今年はじめての水星逆行
3/31、金星おうし座入り 
 てんびん座11度の満月
  やぎ座で合の火星・土星とT字スクエアの満月になります。
 ここから現実で地に足の着いた活動に入っていきます。
社会の中での自分の居場所をつくり、維持させていこうとする。
それまでの焦燥感やプレッシャーから開放され落ち着くところに落ち着いていくような、
忙しく動いていくなかにも気持ちの余裕と手応えと、
これまでは感じられなかった充実感を感じることができる。かも。
自分のやるべきことがわかり、後は行動へと移るのみといった段階に入っていく、かも。







最近、いつもに増して頭の働きが鈍っている気がするわたしです。

2/12.13前後、やぎ座で月・冥王星の重なる頃、
職場で変更につぐ変更、
急変等のアクシデント多発で大揺れしました。

その日を境にインフルで寝込む人が多発したかと思ったら、
そのまた翌日から、
ほとんど息子のような(!)年下先輩男子A君が
メンタルを病み休暇を取りました。 

Aくん20代前半、
冥王星さそり座、
海王星・天王星やぎ座、
土星みずがめ座、木星さそり座の世代で、
月はおとめ座。
そして、
太陽、火星、金星、水星もやぎ座で
結構タイトなコンジャクション
つまり山羊のカタマリ。

かれは今年木星回帰でもあり、
&昨年の終わり太陽サインのやぎ座に
土星が入ったと同時に結婚しています。 

Aくんの土星とわたしの土星が合、
水星は合ではないですが同じやぎ座同士だったりして、
不器用に頑張りすぎるところなど、
ちょっと気になる存在なのです。

これから、Aくんの太陽に土星が乗るのです。
ちょっと心配です。
これって老婆心とかいうやつかな、

精神科で薬を処方されて、
よくなるひともいますが、
どう見てもわるくなってるように見えるひともいます。
わたしは薬反対という立場ではないのですが、
精神は特に、
薬を入れることでかえって
病がながびくように見えるケースも多いように感じます。





特養ホーム、グループホーム、訪問介護と、
10数年渡り歩いてきたなかで、
利用者、職員がインフルで業務に影響する...という経験は今回初めてでした。

そして、なぜか昨年から
行くところ行くところでメンタル病みな方と出会います。
前職場を辞めてから、友達になった利用者さんがいます。
そのときの同僚のひとりは、在職中には発達障害診断を受けて退職。
もうひとりは、ストレスによるうつ状態(鬱病ではない)で退職..
という、すごい職場でした。
そんなこともあり、
前職の障害福祉関係の職場では
社長や管理者とはまったく馴染めなかったのに、
精神障害者の利用者さんとはすっかり仲良くなってしまい、
わたしが辞めるのと前後して、
そのふたりも利用をやめてほかに移ったのですが、
いまも一人の方からは3日に一度は電話がかかってきますし、
もうひとりの方も、一ヶ月に一度は電話をくれます。

病気をひとくくりにはできませんが、
精神の病気の場合、
とても正直なひとが多い気がします。
病気によっては作話をしたり嘘をつく場合も確かにあるのですが、
それは「健常者」が、本心をごまかすために無意識でつくうそと違い、
自分の欲求に従うゆえにうまれる「物語」かもしれないと思ったりするのです。

自分はまともだと思いこんでいる人のほうがあぶないのではないか、
わたしはいつもそう考えます。










[PR]
# by umiyami | 2018-02-21 23:50

13番めの憂鬱

あッと言う間もない速さで1月が駆けていくのでありました...._| ̄|○

1/26に火星がいて座に入りましたが、
この前後に忙しさで目が回るというのを、
そのまま文字通りに体験し、
うっかり脱水症でたおれて死んだ河童です。
本当に水分なくなると死ねるんですね...( ゚д゚)

冬だからと油断してはいけません、
皿が乾く前に飲め!を肝に銘じました。


土星の年齢域が近づいたせいもあってか、
このところよく制限について考えるのですが、
その考えはどうも今までとはちがう感覚で、
制限を取り払うべきものとしてとらていない。
制限の枠の中で限界まで耐えることで人間は変われるのではないか...
というようなことを考えるのです。
自由であることがすばらしいことで、
制限は取り去るべきものだと思ってきましたが、
わたしは本当の自由の意味を理解していなかった気がしています。





あした
1/31 月食です。
   水星がみずがめ座に入ります
月食は満月のすごいのです。

月を照らす太陽はとなりに金星をともなっています。

満月はしし座度の夕暮れのガーデンパーティの度数、
ドラゴンヘッドしし座15度ページェント
しし座は創造性、自己表現のサインですが、
自己表現は受け入れられてはじめて輝くもの。
楽しむことと楽しませることは同じものの裏表。





2月の 
スカイプレッスンまたは鑑定可能な日程です。

受付可能な日程は以下。
2/4(日)
2/8(木)
2/12(月)
2/16(金)
2/20(火)
2/23(金)
2/27(火)

時間帯は以下。
9:00
11:00
14:00
18:00
他の時間帯はお問合わせください。

個別にお知らせすべき方もいらっしゃるのですが、
もう少しお待ちくださるか
こちらをご覧になってお申込みください。
いつもおまちくださりありがとうございます。





今年の元旦に見た夢が、すごく面白い夢で、
初デートにウキウキ行くと、
那智山の中のにある秘密基地のようなところに連れて行かれた...
という夢でしたが、今朝も妙な夢を見ました。

今度は古いお寺でした。
そこにたくさんのひとが正装して集まっていた。
老人ホームのようなところで、
訪ねてくる面会者がみんな正装していました。
入居者のなかには某新興宗教の教祖(故人)がいたり、
今現在かかわっている利用者さん(女性90歳)がいたりと、
奇妙な光景でした。

※教祖というのは、子供の頃に写真をよく見せられていたもので、
そういうのは記憶の底に刷り込まれているんでしょうね。







西洋占星術では、基本的に10の惑星と12のサインと12のハウス太陽が配置されたホロスコープを読み解いていきます。
個人のほろす「太陽=わたし」

[PR]
# by umiyami | 2018-01-30 19:54

物語というのは、記録ではなく記憶がつくるものなのかもしれない。



ここ一週間ほど節々が痛んですべてがスローペースになっていました。

一回、週の半ばに復活したのですが、痛みを抑えて無理をしてしまったのか、

またぶり返して後半乗り切れず、という感じで、失敗したなーと反省。

ちょっと健康管理きちんとしないと!と言う感じで、

今日はまだ慣らし運転というところ。

元々の予定だと、今日は初級のアスペクトの個人レッスンがあったのですが、

延期になっていたのもタイミング良かったです、


昨日寝る前に「フューム-ある人殺しの物語」という映画を観たら、

夜中に何度も目が覚めました。

なんとなく重厚そうで体力がいりそうだなと思って敬遠していたのに、

なぜか体調の悪い布団の中で昨夜は観まして()

が実際観たら、不快な重苦しさなどなくて、疲れも感じなかった。


ナレーションがすごくいいなと思ったら、ジョン・ハート様でした。

それでも結構衝撃だったらしくて、

昨夜から今朝にかけて、何度も目をあけて、

目覚めるたびに「あぁ、そういうことか」という、

映画の中に使われた象徴の意味に気がつくというか、

なんとなく気がついていたけど言語化に至らなかったものが、

ずるずる無意識沼から芋づる式に引き上げられて、

最初の「そうか!キリストだったのか!」というひらめきを端緒に、

処女懐胎、サクリファイス、フィッシャー・キング

言葉から思考にぱっとつながっていった。


純粋であることの恐ろしさと愚かさ、そしてかなしみ。

純粋無垢な鏡の前に立つとひとは、自らを恥じてひれ伏すしかないのかもしれません。

至福に従った結果の至福を超える祝福のようなものを見た気がしました。

それは、幸不幸を超えた先の世界にしかない幸福の中の幸福、

至福の中の至福のような言葉にするのが難しいですが。


観ていない人にはなんのことやらでしょうが。


ラスト近く、

香水の香りに幻惑されてトランス状態にはいっていく群衆など、

今の感覚では理解しがたいのですが、


にくむべき醜悪な殺人者が出て来るはずが、

正装した美男子があらわれ、

今までかいだこともないいい香りを漂わせる


そのとき、刑場は劇場に変わった。



茶番のように思われるでしょうが、

衛生観念もなく悪臭に満ちた17.8世紀のパリでは、

わたしはあり得ることだと思いました。

しかも、興奮を求めて刑場に集まった市井の人々にとって  

香水の放つ影響力ははかりしれない。






コーヒールンバという歌がありましたが、

まさにその時代には人々はコーヒーで酩酊したそうです。




この映画、

水のさそり座っぽい主題に見えて、

実は火の要素も濃いテーマだと思います。

地に足の着かない生き方

その知識を、

その匂いを

どうしても知りたい、

なんとしても手に入れたい、 

というのは火の欲求でしょう。

彼が手にしたかったのは、

形のない匂いというものと

それを維持し保存する方法だった。

しかし、

本当に欲していたものは違っていたのかも。

それが最後の最期にわかる...。




要所要所で贔屓され目をかけられるのは、

さそり座よりも蟹座要素ぽいですし。

非常なこだわりの強さと執着は、おうしまたは獅子座的。


と思って念のため検索してみたら、

主人公グルヌイユのチャートがありました。

新月すぎの生まれですね。



アングルはアセンうお座とか、柔軟サインのような感じと妄想。

魚市場の路上、魚の死骸の上で生まれ

セーヌ川に流されるところを発見されて生き延びる。


蟹座に天体が集合しています。

最初は孤児院から革職人

そして香水調香師へ

獅子座の月の衝動性と

月木星冥王星の自我肥大が物語を牽引している。

職人はおうし座ですが、

弟子入りして習うというのは蟹座的。

おうし火星のタフさねばりづよさと、

しし金星ドラゴンヘッドのこだわりの強さの90度関係は、

偏愛、変質的にも見えてきますが、

芸術にせよもっと現実的な事業であるにせよ、

また、連続殺人的な犯罪もある意味で、

ものごとをやり遂げるにはスクエアが重要な働きをします。

流れに逆らい抵抗に立ち向かって生まれるエネルギーのようなものがある。

d0321384_12413763.png



というわけで、

いま、やぎ座に惑星集合していますけど、

わたしは6ハウス大体やぎ座なので、

体調に来たようです。

原因も6ハウス

主に仕事の疲れ、職場のストレスみたいな感じかな。

あと、

N水星にT水星土星がきて、(わたしの6ハウス

N金星海王星にT火星木星がきていた(4ハウス

この一週間でしたが、

わたしは動けない、頭が働かないというので、

家でふとん、またはこたつで映画とドラマをたくさん観たのでした。

キックアス

キックアスジャスティスフォーエバー

最初のキック・アスの監督は、

キングスマンの監督なんですね。

ドクター・フー見逃していたぶん10話くらいと


レッド

レッドリターンズ

ヘレン・ミレンとマルコビッチがすき。


かっこいいヘレン・ミレンとかわいいマルコビッチ



むかしから、落ち込んだり調子悪いと

ミステリーかSFに逃避するわたしです。

そこは太陽いて座らしい


冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
# by umiyami | 2018-01-12 14:03

人間は自分で思うほど大したこともなければ、
それほどひどくもない生き物じゃないかな、と思ったりする今日このごろのわたしです。


高齢者さんの介護だけに関わっていたときのわたしは、実は自ら進んで仕事に関して勉強しようという態度ではありませんでした。いま現在はまた高齢者の現場に戻りましたが、昨年障害者就労支援の支援員の職につく機会があり、実際に双極性障害の方や統合失調症の方と接し、(その他、身体障がいのかた、自閉症のかた、知的障がいを持つ方、それら複合的な障がいをもつかたも)自分にはこちらの方が合っているのでは....と、実際にその人と接し、勉強会や講習会に参加していくなかで、ホームヘルパーや施設介護では感じることのなかった興味を覚え、もっと勉強したい、仕事に活かしたいと刺激をうけていきました。バザーリア法とバザーリアさんの話は、そうした機会に相談支援員研修などで聞いたことがありました。しかし、そのひととなりや改革のプロセスなど内容はくわしくは知りませんでした。

休眠中だったこちらのブログにも
久しぶりに記事を書きました。
社会的には本業はヘルパーだったり支援相談士だったりしますが、
心理的な本業は占星術師なのかもしれません。



フランコ・バザーリア  (Basaglia,Franco)
1924年3月11日- 1980年8月29日(56歳)
世界に先駆け精神病院から精神障害者を解放し地域で暮らせる地盤をつくったひと。イタリア精神保健改革の父と言われているバザリアさん。といっても、精神病院をなくしたとか精神科を必要ないとしたわけではありません。ないと困ります。閉鎖病棟をなくしたということですね。日本でも障がいをもつひと(身体的、知的、精神含め)が地域で暮らせるようにとの取り組みは広がっていますが、少し前までは、半世紀以上精神病院に入院していたひとが当たり前のようにいたと聞きます。


フランコ・バザーリアさんは1924年、ヴェネツィア生まれの精神科医。
1960-70年代、精神病院長を務めたゴリツィアやトリエステを拠点に、精神病院の廃絶と地域密着型サービスの創設に尽力。イタリア社会全体を巻き込んだ反施設の闘いは、精神保健改革法(通称バザーリア法)として結実した。1980年脳腫瘍により没。

d0321384_23451834.png

太陽 うお21度「小さな白い羊と子供と中国人のしもべ」

月・リリス おうし29度「テーブルを前に働くふたりの靴職人」

水星 うお12度「新参者たちの試験」

金星 おうし3度「クローバーが咲いている芝地に足を踏み入れる」

火星 やぎ3度「成長と理解に対して寛容な魂」

木星 いて19度「すみかを移動するペリカン」

土星 さそり2度「割れたビンとこぼれた香水」

キロン おひつじ19度「魔法のじゅうたん」

天王星 うお18度「巨大なテント」

海王星 しし19度「ハウスボートパーティ」

冥王星 かに11度「しかめつらをするピエロ」

ドラゴンヘッド おとめ2度「掲げられた大きな白い十字架」

asc しし28度「大きな木の枝のたくさんの小鳥」

mc おうし19度「新しく形成される大陸」


レーティングAAなのでアングル考慮できます。

https://www.astro.com/astro-databank/Basaglia,_Franco


わたしがまず目を引かれたのが、いて座の木星とおうし座の月金星。

月と金星がおうし初期と終りにあってこだわりの強い趣味嗜好のひとだったことをうかがわせます。

いて座の木星は一般的な人の思考とは階層が違う視点の思考方法になる。視野が高いとか広いとか言うのですが、これは一見歓迎されるべき良いことのように思われるでしょうが、実際にはそうはなりにくい。「そんなのはただの理想論で実際的ではない、いまの現実にそぐわない」という受け取られ方をする感じが多いと思うのです。


地上に肉化した目的としてのascしし座28度、創造性の発露。おとめ座への憧れ(現実的な実践で人々の役に立つという意味で)により、明確な目的をもち、ひらめきにまかせ斬新なアイデアを行動に移す。そのことにより新たな未来の可能性をひらく。

人間としての完成、社会的な使命としてのmcは、おうし座19度。心の奥底から湧き上がる意志。個人を超える大きな意志が創造エネルギーとして地上の世界に形成される。


うお太陽、天王星、水星とかに冥王星の水のトライン、それからうおの太陽グループといて木星のスクエアは言葉の魔力で人を煽りその気にさせ、行動をおこさせる。思考と言葉の格闘家といういメージもあります。




アスペクトについてよく質問を受けるのでちょっと脱線します。

アスペクトの角度は正確であればあるほど強く傾向が現れます。ですが、正確でなくともサイン同士の関係柔軟同士、活動同士のスクエア関係は刺激し合う、固定同士のスクエアは膠着状態になりがちなど傾向として出るのをみます。この場合、アスペクトが少ないチャート上などはとくにそういう傾向があるかもしれません





イタリアの精神保険制度はすばらしく、日本は全然だめ!という単純な話ではないだろうな、ということはイタリアの老人ホームが高額で家族介護、老老介護の問題があるという、わりと最近の記事を読んだことがあり、想像していますが今年の読書始めはこの本にしたいと思っています。


バザーリア講演録 自由こそ治療だ!――イタリア精神保健ことはじめ



世界に先駆けて精神病院を廃止し、社会に開かれた地域精神保健サービス体制を確立したイタリア。その大変革をリードしたのが、精神科医フランコ・バザーリアだった。この本は最晩年に行われたブラジル講演がおさめられている。バザーリアのラディカルな実践と人間味あふれる思想が、聴衆の疑問や批判に応えながら活き活きと語られる。精神保健の未来を切り拓く「知」と「技術」が凝縮したバザーリアの遺言が、いま日本に伝わる!

【目次】
第1部 治療と自由ーサンパウロ講演(精神医療は自由の道具か抑圧の道具か/地域社会における精神医療チームの活動/精神医療施設についての批判的分析/公共医療における精神医療の統合/社会構造と健康と精神病)/第2部 医療と権力ーリオデジャネイロ講演(精神病院における権力と暴力/抑圧と精神病/科学と人間的欲求への犯罪視/国家権力と精神医療)/第3部 もう一つの道ーベロオリゾンテ講演(ベロオリゾンテへの二つの旅/精神医療と民衆の参加/精神保健の取り組みにおける代替案/精神医療と政治ーバルバセーナ精神病院/精神医療における「公」と「私」)


この映画は、バザーリアの取り組みにより、
精神病院から社会に出て行った「元患者」たちと、彼らを取り巻く人々の様子を描いています。




[PR]
# by umiyami | 2018-01-06 18:53

あけましておめでとうございます。


2018/01/01 


さて、明日は満月ですね。


今朝起きた時、にやにや顔で目が覚めました。
なんか夢を見たかな..と思い返したけど記憶はなく、
いつものようにそのまま二度寝したら

すごく楽しい夢を見ました。(*´∀`*).☆.。.:*・゚

夢が楽しすぎて目覚めた瞬間、
夢だったのか….
そうか、まあそりゃそうだろな…._| ̄|○
と、ふてくされたところで、
いかん、正月から落ち込んでる場合か!
と我に返ったという、
そんな元旦の朝を迎えたわたしは、
30.31.1.2.3と、おかげさまで
まるまるお仕事がはいっていますよ。
ありがとうございます。



おしらせいくつかあります。

年運鑑定について
年運鑑定、2017年10月までにお申込みの方へは、
一陣お届け完了しています。
もしも、まだきていない、
という方がいらっしゃいましたら、
お知らせください。
いつだったかの野良猫闖入乱闘事件(おおげさ..)で、
パソコンが床に落とされ故障して、
ワードのデータが消えてしまった分があります。
メールはたぶん見れているので、大丈夫だとは思うのですが…。
 

11月12月、昨日今日に年間運お申込みの方は、
もうしばらくおまちください。

よろしくお願いいたします。


もうひとつおしらせ
2018年からの鑑定について一部改定あります。
介護職、障害福祉関係の方のお仕事のご相談に関して、
通常は初回鑑定12000円のところ8000円
リピート鑑定8000円のところ6000円にさせていただいています。
(例)適正について、転職について、
上司・同僚・利用者などとの対人関係について他。



そのほか通常の鑑定について
http://sarume.exblog.jp/23416907/








1月の満月と新月です。


2018年1月2日 かに座満月
ASC:おひつじ座12度「野鴨の群れ」
MC:やぎ座7度
満月:かに座12度「メッセージをもった赤ん坊をあやす中国人の女」
太陽:やぎ座12度「講義をする自然の学徒」

1月17日 やぎ座新月
ASC:おうし座2度「電気的な嵐」
MC:やぎ座19度「大きな買い物袋をさげた5歳くらいの子供」
新月:やぎ座27度「山の巡礼」

1月31日しし座月食(満月)  (水星みずがめ座入)
ASC:てんびん座19度「隠れている泥棒の一味」
MC:かに座21度「歌っているプリマドンナ」
満月:しし座12度「宵の芝パーティ」
太陽:みずがめ座12度「上へと順に並ぶ階段の上の人々」


1月の「い」はいろいろ忙しいの「い」

今年2018年の元旦は月曜はじまりで、
あけて2日は満月になります。
1日の夕方にはもう満月域。

お正月にかに座の満月が4ハウスであります。
満月の図は水星だけが上滑りの
おもしろいはたらきをしている感じですが、
全体としては 
ありがちな絵に描いたようなお正月の雰囲気…
あたりまえのくらしがおくれることが、
実はえがたく有り難い、幸福なことだと知るような、
そんなイメージです。
12日頃に水星がやぎ座に入って落ち着きが戻り、
17日の新月が今年のスタートと言う感じがします。

個人的には、火星がさそり座にある今は、
ちょっといろいろ重いかな。

31日には食があります。
しし座の満月ですが、 
太陽はみずがめ座で金星をともなっています。
自分にとって
ほんとうに大事なひとや大事なものはなんなのか、
自分自身を表現しつつ、
自分を損なうことなく
大事なものやひとを慈しんでいくことが
テーマになっていくのかな。
[PR]
# by umiyami | 2018-01-01 23:48

ヘルパー占星術師河童母の世界