人気ブログランキング |

カテゴリ:雑記( 59 )

第四の道

なんか、いま密かにグルジェフがマイブームです。

わたしは、いままで覚醒体験をした、
悟りを開いた、神が降りてきた、という人に何人か会ったことがあって、
結構長い間親しくしていた人もいましたし、弟子になってたこともあったし、
お話しただけのひと、通りすがり程度の人、いま数えて見たら何人もいますですね。

だいたい自分から動かない人なので、
探し求めて飛び込んだってわけじゃないんですが、
わりと宗教的な生い立ちがあります。
あ、いまは何もやっていないです。
神話学宗教学の趣味的なほうに、そのままスライドしました。
どっちかというと、自分教ですw

履歴を言うと、
30代から40代で古神道の勉強会に5年くらい、
20代には行者の弟子を1,2年、
子供の頃は日曜学校、
そのまえは世界救世教で、
学校から帰ると布教所で手かざしをしていた、爆。

古神道以外はすべてが母の付き合いの都合で、
気がついたらはまっていた沼みたいな感じだったわけですが、
実はわたしも悟りとかに長い間憧れていたので、
そういうのって幼児期から芽があるものなのか、
それとも幼児期の刷り込みのせいで憧れたのか?

でも、いまは、どっちでもいいな、別に求めてする必要ないなって思う。
いい先生に出会えなければ、悟り体験は、
どちらかというと不幸を呼ぶのでは・・そんなふうに思う。
いままでは、器の問題なんだと思っていたいたけど、
そういうことでもないような気がしてきました。








バグワン・シュリ・ラジニーシは言う、「人をほんとうに助けようとするならば、誤解されるのは避けられない。ほんとうに助けようとするつもりがないなら、誤解されることもない。崇拝や賞賛の的になれる。ただ話をし、哲学を説くだけなら、人は怖がらない。彼らの人生に立ち入ろうとしないなら。

複雑な理論や思想体系を人は学びたがる。それなら申し分のない体験になる。それはエゴを強化してくれる。それはエゴを養ってくれる。だれもが知識を増やしたがっている。それは微妙にエゴを肥やす。」

(中略、そして、ラマナ・マハルシ(ラマナ・マハリシ)、ラーマクリシュナ、ジッドゥ・クリシュナムルティ、ゲオルギイ・グルジエフと自分自身とを並べて、こう続ける。


「グルジエフはまさにパイオニアだった。グルジエフとともに、人生における精神性の追求の新しい概念が生まれた。彼はそれを「第四の道」(知性/感情/肉体のすべてに働きかける道)と呼んだ。私もこの「第四の道」を追求する。彼はひどく誤解された。というのも、人に知識を授けたり、人の心を慰めたりには興味がなかった。整然とした理論を提供したり、夢を見させてあげたりには興味がなかった。涙や感激や感傷を誘ったりせず、尊敬も求めなかった。彼は人に全面的な変容をもたらそうとした。

人に全面的な変容をもたらすには、ハンマーを使わなければならない。人を形作っている多くの部分を削り落とす必要があるからだ。人はひどい状態にあり、現状では、すべてがおかしなことになっている。それを直さなければならない。だが、人は自分の生き方にたいへん固執しているので、それを変えようとする人物、表面的に変えるのではなく核心において変えようとする人物は敬遠される。怖がられる。少数の勇気ある者だけが、グルジエフのような人物に近づいていく。たいへんな勇気が必要だ。だが、この勇気があってはじめて、人は生まれ変わることができる。」


— Osho, “The Dhammapada” Vol. 2, #2 冒頭部分
wikiより
へんなシナストリー出してみましたw
ラジニーシとグルジェフ、ふたりともやぎ座満載なんですよね。
d0321384_1124718.png

by umiyami | 2015-01-21 00:42 | 雑記

サビアンシンボル360度のマーチ♫

なんかだらだら書いてみた。



前に書いた、
サビアン文がなんか違うなーと言う気がしてくることがあります。
それで結構こまかく加筆修正したりしてる。
同じことをやり続けて、サビアン360度のマーチ♫
更新の行進もそろそろ三周目になりますが、
進歩があるのかないのか、どうなんだオイ河童!爆

サビはん本の方もわたしのところで止まっています(。-人-。)
データ本てわかりません!とか言われてますが、
キンドルは出す予定にしております。
近日中と、12月から言い続けてそろそろ1月も後半すぎた模様。。。

河童先生、もうひとつ思い切らないといけないことがあるような、
昨年末にえいやあ!とうっちゃって思い切ったんですが、
帰ってきたらまた元に戻っちゃったw

「人間が目覚めて目を開くやいなや、彼を眠り込ませるあらゆる力が十倍のエネルギーで働きはじめ、彼はすぐにまた眠り込み、しかもほとんどの場合、目覚めている、あるいは目覚めようとしている夢を見る。」
とグルジェフ先生は言ってますね。そして、自己想起とかエクササイズについても10倍の力で取り組めと言っていたような。10倍のちからってすごいですよ。

一旦続けたら、継続はできるんですが、とにかく新しいことが苦手です。
そのわりにアイデアとかは壮大で、大それた大風呂敷を拡げてしまい、
自分の首を自分でぎゅうぎゅう閉めてシマウマ。
河童さんはなんで河童なんですか?ってたまに聞かれますが、
本人のホロスコープが、総体的に泥っぽいところから、
シックリきちゃったのかなーと、自分では思ってます。


占星術ブログらしいことをたまには書いてみようかな、爆。
ブログを長く続けるということに関するのは、固定サインのシゴトと思います。
おうし座、しし座、みずがめ座。
続けることには強いけど、方向転換したり、
やってることを途中でやめるとかがむずい固定さん。
河童は固定宮の月、活動の水星、柔軟宮の太陽です。
そして、人生降りたいドラゴンテイルと太陽が合です。

書くことに関しては、水星のサインの状態とかで。
今太陽のあるやぎ座だと、土の活動宮で、現実的な内容で、
テーマとか枠が決まっていると、わりとずっと書いていられそう。
同じ活動宮でもおひつじ座だと、同じことを続けるのは拷問でしょー。
天秤座ならおされとか恋愛とか、ヒトとの交流を求めて発信する感じかな。

あと、アスペクトで雰囲気的に、
水星×火星:機敏、クリアでシャープ、集中力
水星×金星:新鮮、ポップ、軽い
水星×土星:正統派、真面目、正確、
水星×天王星:ひらめき、斬新、変態、ウチュウジン的
水星×海王星:イマジネーション、癒し系、うすぼんやり、
水星×冥王星:説得力、発言力、影響力、

あ、ぬけていた、
水星木星は、おしゃべり、情報通、ハイパーグラフィア
水星太陽って、知的だけど現実的(太陽の方向性において)で幅がない。
でも脇道にそれない集中力とか、そんな感じ。
水星月は共感的な会話能力とか、素直な感じですかね。



後、今朝の夢とか。

今日は、うちのオババの夢を見ました。
正方形の狭い部屋で寝ていたら音がして目が覚めた。
ここどこだっけ?あぁ、オババの家だったと、起きた場所を思い出した。
正方形の窓から外を見ると正方形の庭が見えて、
そこに姉と神主さんがいた。
種屋さんが越してくるから地鎮祭をするという。
「へえ、そう。オババは運がいいな!」
オババは一人暮らしだから種屋さんが来たら安心だ。
種屋さんの夫婦はいい人達だから、と思ってる。
そして、オババの悪口を言いかけたら、オババが庭に顔を出したので、
あわてていいつくろった。


登場はしなかったけど、今朝の夢では種屋さんの夫婦は顔見知り。
でも現実にはそういう知り合いはいない。

by umiyami | 2015-01-18 10:53 | 雑記

ファインディング・ジョーのススメ

今日のサビアンは夜まで待ってー!いま頭が寝てる。
ダラダラは文字書けるけど頭は働いてないんです、爆。

タイトルの、
「ファインディング・ジョーのススメ」のススメは、
薦めであり、進め!のサインでございます。

河童先生、今日は頭痛と鼻水でぼーっとしております!
DVDをリピートのままゴロゴロしてます。
でも字幕長いから頭にはいらないよ、爆。
でも、吹き替えは不自然で耳が拒否するので字幕派です。

ファインディング・ジョーは、
自主上映などで一部で話題になっていた映画。
(すみません、全然しらなかったよお、情弱妖怪河童)

ジョーゼフ・キャンベル先生の神話のもつ法則性と物語の原理、
ヒーローとヒロインの旅立ちー危難ー成長ー帰還のサイクルを下敷きに、
キャンベル先生ゆかりの著名人とか影響を受けた作家の人たちが、
ただただしゃべっている映画。わりとみなさん情熱的。
で、その隙間に、ちいさな寓話をかわいらしく、
でも、ピリリとスパイスと塩味効かせたストーリが展開していく。


実にわかりやすい、
わかりやすすぎるくらいのストーリーだ。
とてもアメリカ的だ。
日本語しかわからない河童は、
なぜか精神がブリティッシュ製なので、
この太陽サンサンおはようさん的ななんかがちょっとアレだが、
でもいい映画だよー。
あと、これは若い人向けだ。
ローガンは字幕を追うのが結構大変。
DVDでは時々止めて確認するくらいだ、爆。

わたしはこちらから買いました。
http://www.findingjoe.jp/dvd/

神話好き、
映画好き、
本が大好き、
書くのが好き、
読むのが好き、
なにか、これをやりたい!という目標のある人、
やりたかったことをいまやろうとしてる!
いまやってるとこ!とか、
自己啓発好きとか、
そういうひとは、見るとすごくいいだろうなと思います。
ジョーゼフ・キャンベルの名言集的でもあるな。

占星術においても重要な
象徴を読む力をつける訓練には、
自分自身の経験の積み重ね&疑似体験として聴くこと読むこと、
そして、その体験を書くことしゃべることがある、というかそれしかない。
鑑定は、聴くこと(または読むこと)
そして、
書くこと(または話すこと)がセットになったものだ。

聴いてるだけでもだめだし、
聴きながら自分が次にしゃべる用意をしてるようでもだめなんだ。
それは聴いてるふりをしているだけで聴けてない。

自分の人生経験なんて、限られている、たかが知れてる。
だから疑似体験として神話や優れた物語を読む必要がある。
そして、その道を最初に明らかにして、
明るく照らしてくれたひとが
ジョーゼフ・キャンベルなんです。



神話の力 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
ジョーゼフ キャンベル ビル モイヤーズ
早川書房
売り上げランキング: 6,341



キャンベル先生は、太陽、木星、水星合、
火星もおひつじ座で、エネルギー過剰な感じのおひつじ男児なんですね!
キャンベル先生は、
ハリウッドが儲けるために法則を見出したわけじゃないんですよ。
わたしたち普通のひとが、
自分のために自分の人生を見出し、
だれのためでも、だれのせいでもなく、
自分の人生を自分の責任で生きる。
ただ自分らしくあるために、
自分たちの地球の未来の神話を創造することを期待してる。
わたしはそんなふうに思っています。

NLP ヒーローズ・ジャーニー: NLPとエリクソン催眠による苦境を乗りこえる4日間ワークショップ
ロバート・ディルツ スティーブ・ギリガン
春秋社
売り上げランキング: 45,887

by umiyami | 2015-01-11 12:34 | 雑記

射手座土星期の必修科目

今朝も書いたんですが、今年のテーマは、
「大丈夫って聞かれると「大丈夫です」って、
つい答えちゃう癖をやめよう」と、いうもので、それについて。

大丈夫って答えるときって、
自分も相手もごましているのじゃないかと思ったんです。

全然大丈夫じゃないときにでも大丈夫って言うのは、
もう条件反射みたいになってるクセみたいな感じなんだけど、
これって、相手に大丈夫って聞かれる時点で、だいたい大丈夫じゃないじゃない?
相手に心配かけまいとして、大丈夫ですって取り繕っていたりとか、
大丈夫じゃない自分に自分自身が、必死で言い聞かせていたり・・・とか。
大丈夫じゃない自分の痛みと直面せずにごまかしてないか?
相手と正面から向き合うことから逃げてないか?
目の前で起きてることから目を背けてないか?

周囲に心配かけまい、相手に迷惑かけまい・・・とかって、
それは単に問題を先送りにしてるだけで、
かえって根を深くしてしまうことになってるんじゃないか、とか。

大丈夫?って好意で聞いてくれた誰かに大して、
全然大丈夫じゃな~い!#$%|~#$%&'()=~!!!(●`ε´●)!!!!!とか、
いちいちキレてみせることもないと思うけど、
まあ、たまにはキレてみるのもいいかもしれないけど、
そのときは相手を選んで!
「大丈夫」て言葉で本当の気持ちを飲みこんだまま終わらせないで。
親がどうでも、相手がどうでも、仕事がどうでも、
自分の気持がどうなのか?
ホントのところ、わたしはどうなのか?
具体的に言葉にしてみる努力をしよう。
その練習は、きっと現実的に役立つはずだ。
ほんとうの自由を手にするために必要な努力。
射手座土星期のたぶんそれは必須科目。





by umiyami | 2015-01-03 13:38 | 雑記

サビアンシンボル絵本しし座の本を、年内に出します。

12月28日を予定してます。が、ちょっと幅をもたせて年内と往生際悪く、爆。

4月におうし座の本を電子出版いたしましたが、このときも吉田結妃さんの消しゴム版画が揃ったところで、実はそのときすでに完成していたテキストを全部書き直すという、いきあたりばったりの暴挙にでて、そのせいで予定よりかなり遅れて完成させたのでした。今回は、またさらに大幅に遅れに遅れて半年以上、河童は結妃先生のサビはんを抱えたまま悶々としておりました(* ̄□ ̄*;
吉田サビはんがなんかだんだん凄味を増してくるし、オレ自信ねえーーー_| ̄|○みたいな感じもありました。

いろいろジタバタしてきましたが、ここ数日でやっと自分のペースを取り戻すことができ、年内には完成できるという感じにめどがたちました。本当はもっと早くできそうなんですが、今仕事がぐちゃぐちゃな状態だったりするのと、イレギュラーな感じで最近いろいろ予定が入ってくるので余裕をもって、遅れついでの開き直りでございます、爆。

サビアンシンボルで本を書くと決めて、そして書き出してみると、気づかないうちにおもしろいことがおきていました。そのとき書いているサビアンシンボルが、現実に漏れてくるような、そんなような感じのことがおきていたんです。そのことに、つい最近になって気付かされました。気がついたとき、うわあ・・・えらいこと始めちゃったなぁ・・・・(´・ω・`)ショボーンてなりましたよ。

今年のはじめのことですが、おうし座を書いているときに、猫先生がいなくなってしまいました。うちには猫先生とにゃんこさんという二匹の猫がいましたが、わたしは猫先生がかわいくてかわいくてかわいくて、にゃんこさんもかわいいけど、やっぱり猫先生がかわいい!理由なんかあってないようなもんだ、好きなものはしょうがないだろ!という、爆。で、その猫先生がいなくなった。猫先生はわたしを迎えに走ってきてくれたし、添い寝してくれたし、体の一部のような存在だったんですよね。その猫先生を失うということはおうし座の身体感覚、愛着、執着と大きくかかわる、喪失の大事件だったわけです。

そして、しし座のときは、ここ数年すっかり治っていた不整脈が再発しました、爆。あと、しし座的なひととの出会いで、夏以降ひそかに右往左往してました(汗)もう今年夏前から限界超えて仕事は嫌になってくるわ、しし座の本は書けないわ、体調がよくなかったので当然といえば当然だったんですが。それで病院に行ったり、セラピーをうけたり鑑定を受けたり、最終的にホメオパシーが効いて、そのあとNLP、EFT、断食と、続いていくんですが。そういった人との出会いや、その出会いをきっかけにした本との出会いが、わたしのしし座世界を広げてくれた気がします。

いまやっと2サインめなので、
これから先がこわいくらい楽しみです・・・(;・∀・)

まずは、しし座の完成を目指します!

by umiyami | 2014-12-17 00:56 | 雑記

今日は腹の立つことがあったのですが、

これを聞いてたらどうでもよくなりました。

音楽は偉大です。
スネ夫が自慢話をするときに流れている曲


これからこの曲を、自慢垂れ流してめんどくさいジジイの相手をするときに鳴らすことにしますw

でもさ、怒りがわいたときには、
そんなことで自分をごまかして終わらせたらもったいないよね。
ダメなものはだめと言わないと、いやなものはイヤと言わないと、
言うべき時に言うべきことを言わないとあとでお掃除がめんどくさい。

仙人に昔聞いたんだけど、山のサルは人間を馬鹿にしてうんこぶつけてくるんだって、
そこでひるんじゃいけない、投げられたら投げ返すんだ!っていう話しでした。
うんこ投げつけられたら、そのままひっつかんで投げ返すんだよ!
くっそおおおお!って言って投げ返すんだ。

あと、言うこと聞かない犬は、鼻を噛むといいんだって。
これは猫でためしたけど、たしかにおとなしくなりますよw




今日は忙しかったんですよ~
保健所で健康指導受けて、
年調書きにかいさに寄って、
ついでに温泉にも寄って、
猫シッタ-さまにおみやげを渡しに行ってきました。



断食&EFTツアーの間、猫シッタ-をつとめてくれた友人Yさまに、
お礼のおみやげを、やっと渡しに行ってきました。
ブツは味噌でございます。

で、なんでだか今日は小学校の思い出話になりました。
ふたりは高校で出会ったので、小中学時代はお互いに知り合っていません。

なー小学校の時スカートめくり流行ったやんかー?
あーあったなー。
あんためくられたことある?
ない。
えーあんたもないのか!
わたしもない!
あんた、あだななんやった?
わたし、オーメンやでーひどいと思わへん、これちょっとー!?
えー、わたしはヒバゴンやでー、どっちもどっちやなー!

と、ふたりとも男子にいじめられてたような記憶があったけど、
どうも反対だったのでは?微妙な存在感が男子に脅威を与えていて、
ヒバゴンとかオーメンとかw
そういうなんだかわからない、ホラーなアダ名になったのでは・・・と、
うなづきあったあったのでした。



さて、オーメンvsヒバゴンはどっちが勝つのかw
なんか種族がまったく違うので戦いにならない気がしますが・・・

by umiyami | 2014-12-02 20:19 | 雑記

スクエアのチャレンジ。世界地図とハザードMAP。




太陽と海王星の90度ってどうですか!ってメールを頂いてまして、お返事をしようと思ったんですが、少し前に2件ほど、太陽と土星の90度をネイタルにお持ちの方から、同じように聞かれたことがあったなーと思い出し、ブログに書くことにしました。

90度はわたしはチャレンジのアスペクトと思っています。
わたし自身が太陽と火星・冥王星・天王星の90度をもっています。
あと土星と金星・海王星の90度もあります。
射手座と乙女座の90度と
水瓶座と蠍座の90度です。
若い時はこれはかなりの重圧でした。
火星と太陽と天王星と、土星という、男性天体がどれも一筋縄ではない。
感情の月は水星と土星とアスペクトしているので、
良く言えば落ち着いてるけど、やはり抑圧的でちょっと苦しい。

このひと素敵だなーと思う男の人は、普通に見えても付き合ってみると超のつく変人だったり、
いいひとに見えたのに付き合うとありえないほどわがままだったり、
性格よくて仕事できると思ったら、すごい虚言癖があったり・・・
自殺すると騒いで錯乱して自分のシャツを引きちぎったりするのを、
呆れながらも一晩寝ずに付き合ったり、(いまなら勝手に死ねばぁ、と帰りますけど)
表立っては書けないくらいホントに特殊な体験をしてきました。
なんでこうなるんだろうつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚という、ネタの宝庫!

で、20代30代はいつもその体験を女子の飲み会でネタにして笑いをとっていました。
毎回大ウケするのがわたしの恋愛ネタと、お局ネタでした。
河童は見た目も普通で、性格もふつうなのに、なんでそんな変な男にしか出会わないのか?
なんでそんなヒドイお局にいつも悩まされているのか?
わたし自身は、なにか自分の内面に原因がある気はしていましたが、
あんたは悪いことなにもしてないよ、河童ちゃんは全然悪くない!
でも・・・なんで河童はそんな変な目にばっかり遭うんだろうね?
って、本人も周囲の友人たちも、謎なのでした。

すぎてみて、ふりかえったいまどう思うか・・
いま、バックトゥザフューチャーで、
どこか好きなとこ好きなようにやり直していいよって言われても、
めんどくさいからいいですって言うと思います。
だって、どのひととの出会いも面白かったから(≧∇≦)!
これは、まあ、ある程度年月を経て、オバサンになったから言えることだと思います。

わたしの場合は占星術をお勉強し始めて、ひとつづつ謎がとけていきました。
そして、すべては自分の責任において起きてきたことだったと腑に落ちた。
それはものすごい救いであり、同時に絶望でもありました。

太陽土星ハードは、困難が多いとか、父親(上司、目上のひと)との関係がよくないとか、結婚が難しい(晩婚とか)書かれていることが多いかもしれません。実際にそういうこともあるかもしれないですが、そこに見えてくるものは本当はそう単純ではないです。よい悪いで一喜一憂するものではないと思います。

90度はチャレンジのアスペクトだとわたしは思っています。
120度や60度の安定や協調の関係では生まれないパワーが、自分の人生に主体的にチャレンジしていくことで発揮されていくんです。
父親との確執が無意識に働いて、目上のひととうまく行かず、いつまでたっても仕事も生活も落ち着かない、生真面目で融通がきかないために人間関係がうまくいかない、というケースもあれば、厳しい上司に出会い、確かな技術とともに礼儀を叩きこまれて、そのおかげで目上のひとからひきたてられるようになり、成功の道を歩む、というようなケースもあるわけです。

結局、自分がどうか?ということなんですよ。
わたしはどう生きたいか?ということなんです。

わたしの場合は土星金星90度で、遊びたい時期に親の介護で遊ぶことができなかったり。また、目上のひとにも厳しく鍛えられましたし、反対にとても可愛がってくださる上司にも出会えました。彼氏じゃないのに相手の彼女に誤解されて、すんごい噂を広められたときも上司は「河童ちゃんはそんな事する人じゃない。僕は信じてる。気にすることないよ!」ってわざわざ言いにきてくれました。災害に遭ったときも、会社をやめて10年位たっていたのに、お見舞いの電話をくれた上司でした。

これはでも、セットなんですよね。わたしの悪口を誰彼なく噂して、評判を悪くしてやろうと企んだ女の人がいて、その反対側に引き上げてくれる上司がいる。エネルギーのバランスが崩れる。引っ張りあげてくれる人の力を借りることが出来たその時に、下から強く足を引っ張るものがいる。そこに生まれる抵抗で、ジャンプ力が生まれる。これは120度では生まれない落差です。



で、太陽海王星は、またちょっと感じがちがってくるかもしれません。
土星は常識の範囲内に収まる出来事ですが、海王星は無意識ちゃんの世界。昼の現実の太陽の足を、夜の夢の海王星が引っ張る。松村先生は、太陽と海王星を表と裏で使い分けろとかすすめていたような記憶があります。ちょっと定かではないですが・・。たとえば、表向きの昼の太陽の会社員の顔と、夜の顔、占い師とか芸術、芸能関係とか名前も変えて活動する。そんな感じでしょうか。ボランティア活動とかもいいかもしれないですね。そういうふうに意識的にメリハリつけていくことで、無意識ちゃんの暴走を防ぐ、そんなニュアンスだった気がします。そうでないと、わけもわからないままに人に振り回されるようなこととか、自分でも理由がわからないままおかしなことをしでかしたり、ということが起きてくる。

海王星が強く働くひとは、おとなになってもファンタジーの世界に遊ぶことができる人だったりするかも。そういう自分の特性を抑えこまないで、自由に遊ばせてあげることで、いきいきと生きられ、生きる活力が生まれてくるのでは。

90度は曲がり角。出会い頭になにが飛び出してくるかわかりません。
地図が頭のなかに入っていれば、この先のあの曲がり角は見通し悪いから気をつけようと思いますよね。
でも、90度は死角でもある。知ってたけど、ついうっかりして、飛び出してきた自転車とぶつかった・・・!
今日は自転車でよかったよ~自転車なら避けられても、大型バイクとかなら大変だよ!ってなります。
ホロスコープという自分の生きてる世界全体の地図を見ることができるなら、
90度の曲がり角は赤丸つけてハザードマップをこしらえておくといいかもです。

トランスサタニアンを意識して、どこまで使えるものなのか?
それはわたしにはわかりません。
まったく占星術を知らなかった過去の出来事よりも、
いくらか知った上で計画を立て何かをやってみたりする今の方が、
いろいろ難易度が上がってきてるような気もしたり、しなかったり・・・

by umiyami | 2014-11-29 18:59 | 雑記

一日目だん。リトリート的なにか、または死んだふり。


さっきから部屋の電灯のなかで、黒っぽいカメムシみたいなやつが暴れていてガンガンいってる。
さっぶいのに、くろいカメムシが部屋に侵入してくるwwww
到着してから死んだやつ二匹、生きてるやつ三匹捕獲してトイレに捨てたんですけど。

あと、ネットは一応つながったけど、のろのろもいいところ。
無線LANだけど、むかしむかしのダイヤルアップ接続のスピード感。
メールの返信が遅れておりますが、もうしばらくおくれますねこれは・・・(汗)


そして、
家で予備断食してきたので断食は三日目。
家では酵素断食でしたが、今日からせっかく断食施設にきたので水断食にトライします。
ほんとに死んだらアレなので、ここは医者や専門家がいないというし、
自己責任で無理せず酵素断食にきりかえます。

前に酵素断食で一ヶ月やったけど、あんまし痩せないんだよねー
ダイエット目的じゃなかったから別にいいんだけど、
真夏だったせいもあってか軽い起立性貧血がでたけど、身体は軽くて気分良かったですよ。
ただひとりでやると、いつやめたらいいのか?
あと、回復食がむずかしいというのがあって、思い切って来てみたわけですが、
思い切り過ぎたかも、爆。



今朝は7:23に家を出て到着が15:30とかwwww
迷いに迷った。_| ̄|○
行き過ぎて、戻り、
戻りすぎてまた戻り、
降りたい出口で降りそこね、
乗りたい高速にたどりつかないw
そんなこんなで、
高速代がたぶん電車で行ったのと同じくらいかかってる、つつつうつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
見よ!これぞ心理的逆転の奥義!wwwwwww


そして、着いたところは予想通りの山の中、これは別段問題ないが。
しかし、ここはまたぞろ心理的逆転の宝庫であることだ!爆破
下の部屋のお嬢さんがほっそいのにドスドス歩いていて、上の階のオバサンに響いてなー
おら地震かと思ったよ!安普請のせいもあろうがのう。

いやいやいや、楽しみです明日からの日々が。
人間観察とかな。仕事じゃないからな、気楽だな。こりゃいいや。

by umiyami | 2014-11-11 21:23 | 雑記

コピペじゃいやん。

いまちょっとコピペと原典について思ったことをメモ。


sabi餡子倉庫のほうで、
今日、詩の引用をして思ったんですが、コピペで済ませてはおもしろくないよということを。

今日の太陽のサビアンでわたしは、
「この杯を受けてくれ/どうぞなみなみ注がしておくれ/
花に嵐の喩えもあるぞ/サヨナラだけが人生だ」
勧酒の井伏鱒二の訳詩を思い出したんですが、これググるとイッパイ出てくるんですよね。
読んだことなくてもググればわかる。
でも、本当にわかるのかっていうと、ちょっとわたしはわかりません。
ネットの情報は断片だからです。
断片の中には勘違いや間違いや曲解も混じってるかもしれない。
コレ書いてるわたしが間違ってることもある。

だから自分で覚えてること勉強したことしか書いちゃいけない!
ってことじゃないんです。そんなの無理だし。
でも、そのことの元には「原典」があることを忘れて、
いい加減に書きちらして消費してはいかんと思うんです。
原典への尊重の気持ちとかそういうのがあらまほしい。


占星術のお勉強も最初はコピペみたいなもんなんですよね。
そしてそれは正しい。
基本を覚えてしまうまでは、それはもうひたすらコピペがよろしいかと。


そんなことを考えていました。





sabi餡子倉庫これって、
あらためて見ると変なタイトルだな・・・これはサビアン絵本のために吉田さんに見せる用に作ったものだったので、続けることを考えていなくてテキトーにつけたタイトルだったんですよ、、、とか、だれに言い訳しているんでしょうwww


たとえば、寺山修司の「さよならだけが人生ならば また来る春は何だろう」ではじまる詩は、
この本にあります。

寺山修司詩集 (ハルキ文庫)
寺山 修司
角川春樹事務所
売り上げランキング: 117,248

by umiyami | 2014-11-02 12:20 | 雑記

今朝見た夢のこと。メタのメタの視座あらわる?

今朝、夢を見ておきました。

老賢者が講義をしています。
「・・・であるからして、この男の成功は約束されたものであった。
物事は、なるべくようにしてあり、なるべくようになるものなのである。
すべてはうまくいっていると考えなさいという教えはナンセンスなんじゃよ、
真実すべてが上手く言っているこの世界に、念押しする必要がどこにあろうか。
その教えを真に受けることは、
わたしのすべてはうまくいっていません!という宣言なのである。」


おお、そうなんだ?!わたし自身が老賢者なのに、
自分の言葉に感心していた。

すると、
「先生、その男の人って誰なんですか?」
という女の人の声が教室の斜め上から聞こえた。
はじめて聞く声だった。
高く澄んだ美しい、張りと艶のある、とてもわかい声だった。


『なんてきれいな声なんだろう・・・。そうだ、その男の人って誰のこと?
わたしは賢者のいうことに疑問を持つのはいけないと思って気付かなかった!
このひとは聞いちゃうんだ!すごいな!でも、この女の人は誰だろう?』
すべてを上から見ているわたしが思った。


そこで夢から覚めた。


目覚めてからちょっとびっくりした。
わたしは夢を見る時、登場人物は死んだ身内以外はだいたい自分の分身であって、
考えていることがわかっている。これはメタの視点にたっているということだろう。
今朝は、誰だかわからない声だけの存在がでてきた。

太陽はさそり座9度で仕事中の歯医者、月は水瓶座18度の山火事のあたり。
上弦の月、半月をちょいとすぎたとこだった。


レメディ服用、
朝、Syph
夜、Staph,一日目

レメディとると毎回悪夢を見るんだけど、今回は悪夢というかんじではない。
寝る前に、今日は気分が悪くて吐き気のために早寝したので、悪夢を見る準備万端だったんだけど。なんだか面白い夢だった。本当はもっと長いんだけど起きる瞬間ほとんど記憶の彼方へ。

by umiyami | 2014-11-01 06:04 | 雑記